PR
グルメライフ&カルチャー

この福島土産知ってる?福島に来たら買いたいお土産8選!〜定番からあまり知られていない逸品まで〜

グルメ
スポンサーリンク
出典:https://www.usukawa.co.jp/products/lemo/

福島県は、自然の豊かさと伝統的な文化が息づく地域。

その魅力は、地元のお土産にもしっかりと反映されています。このブログでは、ままどおるだけではない、福島県ならではのさまざまなお土産をご紹介します。

名誉総裁賞を受賞した「いもくり佐太郎」のような絶品スイートポテトから、銘菓やおいしいドリンクまで、福島が誇る数々の逸品をご紹介。

訪れた際の思い出作りに、また大切な人への贈り物に。
福島の温かさと心を込めた手作りの味わいを、あなたにもぜひ体験していただきたいです。このブログを通じて、福島のお土産の魅力を深掘りし、あなたの旅の記憶に新たな彩りを加えられれば幸いです。

福島市のプロフィール

福島市ってどんな街??

人口

福島市は福島県の県庁所在地であり、2023年時点の推定人口は約28万人です。実はいわき市や郡山市の方が人口が多いんです。福島県の各市は、行政の福島市、商業の郡山市、観光のいわき市・会津若松市と知られています。

面積

2023年のデータによると、福島市の総面積は約767.72平方キロメートルに及びます。これは、都市部、農村地帯、そして豊かな自然環境を含む多様な地域を包括しています。福島市は、28万人の人口を支えるのに十分な広さを持っており、市民一人ひとりが、程よく、豊かな自然環境や地域文化を享受できる環境にあると言えます。

歴史

福島市は、長い歴史と文化を有する日本の都市です。平安時代から続く歴史を持ち、特に戊辰戦争の重要な地として知られています。この戦争は日本の近代化に大きな影響を与えました。また、福島市はわらじ祭りなどの伝統的な祭りや文化が色濃く残る地域であり、古くからの風習や行事が現代にも引き継がれています。

特産物

福島市は様々な特産物で知られており、特に農産物が豊富です。この地域は、品質の高い桃やリンゴなどの果物で有名で、これらは日本国内外で高い評価を受けています。また、福島市の米は、その品質の良さから日本酒の原料としても使用されており、地元の酒造業に大きく貢献しています。これらのほかにも、福島市は伝統工芸品や地元の食品加工品など、幅広い特産物を提供しており、地域経済と文化の両面で重要な役割を担っています。

福島市のおすすめ土産《お菓子・食べ物編》

いもくり佐太郎

いもくり佐太郎
出典:https://www.imokurisatarou.com/shopdetail/000000000039/001/O/page1/order/

いもくり佐太郎は、テレビや雑誌で取り上げられるほどの人気を誇る福島の伝統的なお菓子で、絶妙な甘みが特徴です。

このお菓子は、芋と栗で作られた和風スイートポテトで、サツマイモ、栗、白餡を混ぜたペーストを一口サイズのお団子状にして焼き上げられています。外側は軽く焼かれていて、素材の質感が感じられる一方で、内部はふわふわとした食感と上品な甘さが病みつきになります。

また、いもくり佐太郎は福島県のお土産としても人気があり、福島市をはじめ、仙台駅や東京など様々な場所で購入することが可能です。さらに、通販サイトでも購入でき、ふるさと納税を通じて入手することもできますよ。

桃笑(ももさく)

桃笑
出典:https://fleurage-fukushima.jp/momosaku/

「桃笑(ももさく)」は、福島桃をテーマに、県産粉を使用した生地の中にホワイト生チョコレートと福島県産桃のセミドライフルーツを散らし、香りを添えて柔らかに焼き上げたサブレです。

実はこの商品、2023年3月から販売が開始された比較的新しいもの。
実際に食べてみると、柔らかくしっとりとした生地(カントリーマアムよりも柔らかい)、そして一口口に入れると鼻から抜ける桃の美味しい香り。中央にはミルクフレーバーのやわらかい生地が入っています。

予言します、桃笑は次の福島の定番土産になるでしょう。

檸檬(れも)

出典:https://www.usukawa.co.jp/products/lemo/

檸檬(れも)は手のひらサイズのチーズタルト。嘉永5年から福島県で誕生した「柏屋」という和菓子屋さんが販売している商品です。

レモン風味のなめらかで濃厚なチーズタルトは、福島県民なら誰でも知っている逸品。可愛いパッケージに入った3個入りの箱がお土産にはおすすめです!

福島銘菓 檸檬
出典:https://www.usukawa.com/c/lemo/07203

ラヂウム玉子

ラヂウム玉子
出典:https://abetome.com/

ラヂウム玉子は、福島市の飯坂温泉発祥の特産品で、日本で初めてラジウムが確認されたこの温泉の源泉で作られる温泉卵です。

約70度の源泉で静かに半熟にしたこれらの玉子は、独特のコクがあり、消化吸収が良く栄養満点とされています。ラヂウム玉子は、福島市民にとって食卓に欠かせないお馴染みの一品で、市内の居酒屋ではお通しとして出されることも。

市内のほとんどのスーパーやお土産屋さんで購入することができますよ。

福島市のおすすめ土産《飲み物編》

酪王カフェオレ

酪王カフェオレ
出典:https://rakuou-kyodo.co.jp/products/milkbase/

酪王カフェオレは、福島県の酪王協同乳業株式会社が製造しているコーヒー乳飲料です。

新鮮な牛乳と上質なコーヒーを絶妙なバランスでブレンドして作られており、甘さとコーヒーの香りのバランスがなんとも絶妙。非常に滑らかで濃厚な味わいが人気で、福島県民が当たり前のように愛飲しているドリンクの一つです。

KATATEMA<br>GIRL
KATATEMA
GIRL

スーパーの酪王コーナーの面積すごいから(福島在住筆者)

スタンダードなのはカフェオレですが、実はいろいろな種類があるのです。
おすすめはこちら!

酪王抹茶オレ

酪王抹茶オレ
出典:https://rakuou-kyodo.co.jp/products/milkbase/

文久元年(1861年)創業、160年の歴史をもつ老舗卸茶問屋「北川半兵衛商店」が厳選した宇治抹茶を100%使用した抹茶オレです。抹茶の濃い風味とミルクの濃厚さが抜群にマッチした逸品。

福島県のスーパーやコンビニでお手軽に購入できるので是非一度飲んでみてください!

カフェオレも抹茶オレも、酪王ならではの唯一無二な味わいになっているので、飲んでみる価値ありです。

のむもも

のむもも
出典:https://hishinumanouen.com/juice/1255

「のむもも」は福島市の特産品である福島桃を使用したジュースです。このジュースは、20品種以上の桃から厳選された12品種を使い、一本につき一品種、丁寧に搾りあげられています。

この100%桃の果汁ジュースは、桃名人が育てた桃を活用し、さらに多くの人々に福島桃の素晴らしさを楽しんでもらうために作られました。

12本セットで購入もできますが、一本ずつの購入もできるので、気になる品種をいくつか購入してぜひ飲み比べてみてください!

「のむもも」は、その名の通り飲むことで桃の本来の美味しさを味わうことができる、福島市特有のお土産品なんです。

桃の恵み

出典:https://ja-f-mirai.or.jp/product/?sextiary10

桃の恵みは桃を100%使用した桃のそのものを味わえるジュースです。発売当初から不動の人気商品で、福島ではイベントの際に取り扱われることもあるくらい定番のお土産品です!

市内のお土産屋さんには必ず置いてありますよー!

まとめ

ここまで読んでくださりありがとうございます。
福島はままどおるだけじゃないんです!福島県を訪れたら、地元の魅力が詰まったお土産を手にしていただけたら嬉しいです。

福島の温かい文化を感じさせる銘菓や飲み物は、家族や友人へのお土産にぴったり。福島の味を、大切な人と共有しませんか?

(SNSでこの記事をシェアしていただければ、筆者が喜びます!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました