PR
トレンドニュースライフ&カルチャー政治・経済

【電動バイクっていくら?】話題のホンダのスペックやデザインをまとめてみた

トレンドニュース
スポンサーリンク

はじめに

電動バイク市場は、環境への配慮と技術革新の推進により、急速に成長しています。自動車業界がガソリンエンジンから電動化へと移行する中、ホンダはこのトレンドをリードする動きを取っている状況です。

ホンダの投資計画

ホンダは2030年までに約5000億円を投資し、電動バイク事業を強化する計画を発表しました。

この投資には、高効率のバッテリー生産工場や充電インフラの整備を含み、電動バイクの年間販売台数を現在の350万台から400万台へ引き上げることを目指しています。さらに、2030年までに約30車種の電動バイクを市場に投入する計画です。

電動バイク市場のトレンド

電動バイク市場は、環境対策としての重要性が高まっています。ホンダ以外にも、カワサキやヤマハなど他の主要自動車メーカーも、効率的なバッテリー技術や充電ソリューションを取り入れた電動バイクの開発に力を入れており、市場全体が電動化の方向へと進んでいます。

ホンダの新しい電動バイクモデル

モトコンパクト(北米向けモデル)

引用元:Automotive media Response

・最高速度: 約40km/h
・1充電での航続距離: 最大約19km
・車両重量: 約18.7kg
・折りたたみ機能: ハンドルやシートは工具不要で折りたためる
・コネクテッド機能: 液晶メーターに搭載​

​​・価格: 米国での価格は995ドル(日本円 約15万円)​​​​​​

EM1 e:(国内仕様・2023年モデル)

引用元:HONDA

・定格出力: 0.58kw
・シート高: 740mm
・車両重量: 92kg
・1充電あたりの走行距離: 53km(30km/h定地走行テスト値)
・特徴: 交換式バッテリー、インホイールモーター搭載、USB電源ソケット、LED灯火類
・ボディカラー: 「パールサンビームホワイト」と「デジタルシルバーメタリック」

​・価格: 車両本体と「Honda Mobile Power Pack e:」(バッテリー)1個と「Honda Power Pack Charger e:」(充電器)1個がセットで税込29万9,200円。車両のみは、税込15万6,200円​​​​​​​​​​​

今後のモデル展開:

2025年までに合計10以上の新電動モデル投入予定となっています。
大型FUN EVやキッズ向けモデルも開発中で、全固体電池の導入・充電インフラの充実・ソフトウェアとの親和性を活用した新しいUXの開発​が進められています。​​​​​​​​

ホンダの電動バイクに対する期待

ホンダは、電動バイク事業での技術革新と製品開発に注力しています。

モジュールプラットフォームやコネクティビティ技術の進化により、多様なバリエーション展開が可能となり、グローバル市場のさまざまなニーズに応える製品を提供することを目指しています。

また、充電時間の短縮と走行距離の延長を可能にするバッテリー技術の進化により、より効率的で便利な電動バイクの開発が期待されています。

ホンダのこの戦略は、電動バイク市場において重要な転換点となるでしょう。

同社の取り組みは、環境保護と技術革新を統合することで、今後の電動バイク市場のトレンドを形成する可能性があります。

特に、充電インフラの充実やバッテリー技術の進歩は、消費者が伝統的なガソリンエンジンから電動バイクへ移行する上での重要な要素です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました