PR
スポーツ生活

【ジム別利用料金まとめ】コンビニジムとは? – 手軽に始める新時代のダイエット:フィットネストレンド

スポーツ
スポンサーリンク

はじめに

「コンビニジム」という言葉は、近年、健康とフィットネスへの関心が高まる中で注目されているコンセプトです。

時間や場所の制約に悩む現代人にとって、手軽にアクセスできるジムは、忙しい日常においても健康を維持するための革命的な解決策となります。

コンビニジムの特徴と魅力

従来のジムとは異なり、コンビニジムはアクセスの容易さを重視しています。

例えば、Anytime Fitnessのようなチェーンでは、24時間利用可能な小規模な施設を提供し、都市部だけでなく郊外にも展開しています。

これにより、通勤途中や自宅近くで手軽にトレーニングすることが可能になります。また、低コストでの提供は、多くの人々にとってジム利用の障壁を低減させます。

健康とフィットネスの新潮流

パンデミック後のライフスタイルの変化により、自宅でのトレーニングや短時間での高効率運動が人気を集めています。

こうした中、コンビニジムは最新のトレーニング機器とデジタルツールを組み合わせ、個々のニーズに合わせたトレーニングプログラムを提供。

FitbitやApple Watchとの連携により、日々の活動を追跡し、個別のフィットネス目標に合わせた指導を受けることが可能です。

コンビニジム各社の利用料金

この辺りで気になるのが実際の利用料金です。コンビニジムの月額料金と設備について、いくつかの人気ジムを調べました。以下はそれぞれのジムの料金と設備の概要です。

chocoZAP(チョコザップ)

  • 月額料金: 税込3,278円
  • 店舗数: 約300店舗
  • 営業時間: 24時間年中無休
  • 設備: ショルダープレス、チェストプレス、アブドミナル、アームカール、ディップス、ラットプルダウン、アダクション、アブダクション、レッグプレス、ランニングマシン、エアロバイク、セルフエステマシン(要予約)、セルフ脱毛マシン(要予約)など。
chocozap(ちょこざっぷ)|ライザップが作ったコンビニジム
月額2980円(税込み3278円)で24時間365日通い放題。初心者向けのコンビニジム。1日たった5分の「ちょいトレ習慣」

JOY FIT 24(ジョイフィット24)

  • 月額料金: 税込4,378円~
  • 店舗数: 約200店舗
  • 営業時間: 24時間年中無休
  • 設備: パワーラック、スミスマシン、バックエクステンション、シットアップベンチ、インクラインベンチ、ダンベル1kg~34kg、EZバー、チェストプレス、ショルダープレス、ラットプルダウン、ペクトラル、アブドミナルクランチ、ロータリートーソー、ローロウ、レッグエクステンション、レッグプレス、レッグカール、ケーブルマシン、マググリップ、アブローラー、トレーニングチューブ、バランスボールなど。
JOYFIT(ジョイフィット)|スポーツクラブ・フィットネスジム・ヨガスタジオ
JOYFIT(ジョイフィット)は、フィットネス・スポーツジム、エアロビクス、ヨガ、24時間利用などができるスポーツクラブです。全国展開しているのでお近くの店舗でトレーニングが可能です。ご入会方法等お気軽にお近くの店舗にお問い合わせください。

SMART FIT 100(スマートフィット100)

  • 月額料金: 税込7,000円~(店舗によって異なる)
  • 店舗数: 約39店舗
  • 営業時間: 24時間年中無休
  • 設備: レッグプレスマシン、レッグカールマシン、レッグエクステンションマシン、ラットプルマシン、アームカールマシン、チェストプレス、ペックフライマシン、ケーブルマシン、アブドミナル、インナーサイ、ロータリートーソ、フリーウエイト、ランニングマシン、クロストレーナー、リカンベントバイクなど。
24時間営業フィットネスジムスマートフィット100 | ジムが初めての方でもトレーナーのサポートで安心して続けられる24時間営業のフィットネスジム「スマートフィット100」通称スマ100
ジムが初めての方でもトレーナーのサポートで安心!24時間営業のフィットネスジム「スマートフィット100」通称スマ100

ANYTIME FITNESS(エニタイムフィットネス)

  • 月額料金: 税込7,018円~(店舗によって異なる)
  • 店舗数: 約5,000店舗
  • 営業時間: 24時間年中無休
  • 設備: ベンチプレス、スミスマシン、ダンベル&リーディングエッジ、ケーブルマシン、マシンチェストプレス、レッグプレス、チェストプレス、ペクトルフライ&リアデルトイド、トーソローテーション、レッグエクステンション、レッグカール、ロー・アブドミナル、ヒップアブダクション、ケーブルクロス、ルームランナー、クロストレーナー、バイク、背筋、腹筋、チンニング、マット運動など。
エニタイムフィットネス 24時間営業のフィットネスジム
ジムとマシンのみで365日24時間OPENだからご自分のペースで気軽にご利用できます。只今キャンペーン実施中!ご見学受付中!

CENTRAL SPORTS 24(セントラルスポーツ24)

  • 月額料金: 税込5,445円
  • 店舗数: 約243店舗
  • 営業時間: 24時間年中無休
  • 設備: パワーラック各種、ダンベル(〜20kg)、ウエイトマシン各種、トレッドミル、アップライトバイクなど。
セントラルスポーツの24時間ジム
セントラルスポーツの24時間ジムはトレーニングマシンを中心とした、24時間営業のセルフ型ジム。シューズの履き替えや着替える必要なくトレーニングが可能。価格、設備、場所にこだわり、どんな人でもライフスタイルに合わせて通えるジムを実現しました。

これらの情報は、コンビニジムを選ぶ際の参考になるでしょう。各ジムの料金体系は、設備やサービス内容に応じて異なります。また、店舗数や営業時間、設備の種類も各ジムで異なるため、個々のニーズに合わせた選択が可能です。

コンビニジムの社会的影響

健康への意識向上は、コンビニジムのもたらす最大の社会的影響の一つです。

この新しい形態は、健康的なライフスタイルを広め、特に運動不足が問題となっている都市部の住民にとって重要な役割を果たしています。

また、小売り業界とのコラボレーションにより、新たなビジネスチャンスが生まれています。例えば、セブン-イレブンが展開する小型ジムは、店舗の一角に設置され、顧客の利便性を高めています。

一方で、ジムに行こうか悩む方へ

「コンビニジム、比較的通いやすそうだな」と思う反面、月額利用料の割に、通えないのでは?!という不安はありますよね。

やはり自宅でできる時にフィットネスしたい!という方にはこちら!空き時間にお腹を鍛えて見ましょう!

コンビニジムの未来展望

コンビニジムの市場は、今後も拡大を続けると予想されています。

海外への展開や、VRフィットネス、AIトレーニングシステムの導入など、技術革新によりさらに進化する可能性があります。

これにより、よりパーソナライズされたトレーニング体験が提供され、フィットネス産業の発展に寄与することでしょう。

まとめ

コンビニジムは、現代人の忙しい生活に対応した健康とフィットネスの新しい形を提供しています。手軽さと効果性を兼ね備えたこの新しいトレンドは、私たちの健康習慣に大きな変化をもたらし、日常生活の質の向上に貢献しています。

皆さんも、コンビニジムを通じて、健康的なライフスタイルを手軽に始めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました