iPhoneで今見ている写真の撮影場所を即座に調べる方法

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

iPhoneで撮った写真を見ていて、「この写真ってどこで撮ったっけ?」と調べたくなることありませんか?即座に調べる方法をお教えします。

アプリ「Workflow」を利用すれば一発

iPhoneで撮った写真を見ていて、即座に撮影場所を調べたいってことありませんか?もしくは友達から貰った写真の撮影場所も調べたいとか。iPhoneの「写真」アプリには「撮影地」というメニューがあり、そこで地図にマッピングされた写真を見て探していく方法もありますが、非効率すぎます。

そこで該当の写真を選び、そこから一発で撮影地をパッと表示する方法をお教えします。「Workflow」アプリを使うことで、楽に撮影場所を表示することができますよ。

設定

まずは「Workflow」アプリを起動し、「Gallery」を選択(左画像)。次の画面で「Photography」を選択(右画像)。

次に「Where Was This Taken?」を選択(左画像)し、「Get Workflow」を選択(右画像)。これで設定は完了。

撮影場所を表示

今度は「写真」アプリを起動し、撮影場所を知りたい画像を表示し、左下の「共有アイコン」をタップ(左画像)。その後、「Run Workflow」を選択します(右画像)。※もし「Run Workflow」がなければ次の手順をご確認ください。

※「その他」を選択し、「Run Workflow」をオンにしてから(左画像)、上の画面の「Run Workflow」をタップ。次の画面で「Where Was This Taken?」を選択します(右画像)。

これでその写真の撮影地を表示することができました。

気軽に今見ている写真の撮影場所を調べられるので、ご活用ください!

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone