月間70万PV地域ブログの運営に利用するカメラはあえてiPhoneだけにする理由

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

筆者は地域密着型ブログを運営していますが、ついに月間70万PVを達成することができました。この地域ブログを運営するのに利用しているカメラは、iPhoneのみです。

地域密着型ブログの写真管理は全てiPhoneにおまかせ

先日、筆者の運営する地域密着型ブログが月間70万PVを達成しました。ここまで来るのに2年半ほどかかりましたが、いろんなところから声がかかるようになり、かなり楽しいと感じられるようになりました。

そんな筆者は、その地域の写真を2日に1回は撮るという日課です。今では地域に関連する写真だけで4385枚(記事執筆時点)にまで溜まりました。写真は、もっぱらiPhoneで撮るようにしています。あえてカメラは使っていません。なぜそうしているのでしょうか?

この膨大な写真をどうやって管理しているかというと、ただiPhoneのiCloudにアップロードしているだけです。写真は日々増えていくので、フォルダ管理しきれません。なのでただたんにiCloudにアップロードするだけにしています。

で、ここがポイントなのですが、後から「あそこのお店(場所)の写真を使いたいな」と思うことが頻繁に増えてきます。ただその4385枚の中からその該当の写真を1枚ずつ見て探すのはあまりに非効率すぎます。そこで活躍してくれるのが、位置情報。iPhoneで写真を撮影すると、写真には自動的に位置情報が付与されますよね。

写真は「撮影地」を見ると、地図上にその写真を撮った場所のとおりマッピングしてくれた状態でグループ分けしてくれるので、後からその該当の場所の写真が見つけやすいのです。一眼レフカメラは持っていますが、位置情報が付与されないので、非常に不便だし、最近のiPhoneはカメラの画質がすごくいいので、ブログを運営するには何も不自由しません。

地域密着型ブログを運営する場合には、写真の位置情報が非常に役に立ちます

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone