iPhone「ミュージック」プレイリストでダウンロードされている楽曲だけ再生する方法

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

iOS 10で大きく変わった機能の一つとして、「ミュージック」アプリが大幅に使いやすくなりました。個人的に「これは助かる!」と思った機能をご紹介します。

ios10_music

データ通信を発生させたくないけど音楽を聴ききたいとき

最近のiPhoneは、「iCloudミュージックライブラリ」に楽曲をアップロードしておき、必要なときにネットワークを通して音楽をストリーミングで聴くという形をとっています。しかしその方法だとデータ通信が発生してしまいます。「今月はもうあまりデータ通信を発生させたくない」「今月はデータ通信の制限がかかってしまった」といった状況に陥った場合、ローカルにダウンロードしてある楽曲だけを聴きたいですよね。iOS 10よりその方法が可能になりました。しかもプレイリストにおいてもその方法が可能です。

「ミュージック」アプリの「ライブラリ」>「ダウンロード済み」を選択します(左画像)。すると、丈夫に「このiPhone上のミュージックのみを表示中。」というメッセージが出た状態にします(右画像)。

この状態で、「プレイリスト」「アーティスト」「アルバム」「曲」どれを選んでもiPhone上にダウンロードされた楽曲のみ表示されるようになります。例えば、ここで「プレイリスト」>自身の作成したプレイリスト(ここでは「Mr.Childrenセレクション」という筆者の作成したプレイリスト)を選択します。

すると、下の左画像ではiPhone上にダウンロードされた楽曲しか表示されていません。普通にプレイリストを開くと、ダウンロードされていない楽曲も含めてすべて表示され、雲から下矢印マークが表示されています。(右画像)。

このようにiOS 10より、ダウンロードされた楽曲だけを再生する方法が便利になりました。これは喉から出るほど欲しかった機能ですね!!

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone