シャープ公式Twitter垢が台湾メーカー傘下ニュース放映時の社内の様子をツイート

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

シャープのTwitter公式アカウントが、台湾メーカー「ホンハイ精密工業」資本の傘下で再建を目指すことがTVで放送された瞬間の、社内の様子をツイートして話題になっています。

sharp_twitter

img via twitter.com

シャープ「社史に残る瞬間」

経営不振に陥っているシャープは、2月4日、7000億円を超える規模の資金を投じて買収を提案した台湾の大手電子機器メーカー「ホンハイ精密工業」と交渉する方針を決めました。台湾傘下として再建を目指す形になります。

このような決定は、経営トップのみぞ知る話。社員のほとんどは、TVでニュースが流れて初めて知ったようです。シャープ製品/サービス向け公式アカウント(@SHARP_ProductS)は、そのTVでニュースが流れた瞬間の社内の様子をツイートして話題になっています。

本社にいる社員も、世間と同じ程度の情報しかもっていないとのこと。社員のランチ時に、台湾傘下で再建を目指すニュースが流れ、社員は一同にこれからの行く末を警戒したことでしょう。その瞬間をとらえたこの写真は、生々しく、公式アカウントも「社史に残る瞬間」として捉えています。

実は上のツイートの少し前、同アカウントはランチ時の食事をツイートしていました。

ちゃんとシャープ製のスマホを使用しており、自社愛が強いことが伺えます。また、よくネット上で話題にあがるシャープの公式アカウント(@SHARP_JP)は、こんな日に28万のフォロワーを達成してしまったようで、けっこう嘆いています。

頑張れシャープ。

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone