「もののけ姫」を8ビットのファミコン風アニメーションで再現した3分動画が話題

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

「もののけ姫」をファミコン風の8ビットゲームで再現してしまった動画が話題になっています。

8bit_mononoke1

アシタカからシシ神やエボシ御前の女性たちまで

1997年7月12日に公開され、宮崎駿氏が構想16年、制作に3年をかけたジブリ作品大作「もののけ姫」。興行収入は193億円を記録し、当時の日本映画の興行記録を塗り替えた化け物作です。そんな「もののけ姫」が、ファミコン風の8ビットゲームのアニメで再現されました。この動画制作を手がけたCineFixは、同じようにタイタニックやアナ雪等もファミコン風アニメを制作しています。

アニメは3分程ですが、アシタカが猪神に戦いを挑むシーンから、川辺でアシタカがもののけ姫のサンと遭遇、シシ神やエボシの人たち、大侍達を巻き込んだ三つどもえの戦いまでもが8ビットで描かれています。3分で物語が簡単に理解することができます。

8bit_mononoke2

ご覧ください!!

[YouTube]

 

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone