東京五輪2020エンブレム佐野氏の代替になりうる話題のデザイン

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

多くの物議を醸してきた佐野研二郎氏デザインの2020年東京五輪エンブレムについて、大会組織委員会が使用を中止する決断を下しました。ここで気になってくるのが次のデザインですよね。

o-TOKYO-2020-570

東京五輪HPは暫定エンブレムに変更

毎日のようにニュースで話題になっている東京五輪のエンブレム問題ですが、東京オリンピック大会組織委員会は9月1日、公式サイトなどから佐野エンブレムを削除し、招致活動で使用していた桜のエンブレムに差し替えました。

これは新しいエンブレムが決まるまでの暫定エンブレムとして利用されます。あくまでも「暫定」。国際オリンピック委員会(IOC)の指針では、「大会エンブレムは招致ロゴに取って代わるもので、発表まで機密事項として管理すること」などと定められているのでこれを本大会で利用することはできません。 そこで、やはり我こそはとデザイナーさんたちが、非公式のデザインを作り上げています。とくに話題になっているデザインがこちら。「多様性と連帯」という思いが込められたデザインです。

そしてもう一つがこちら。扇子が末広がりとして縁起がよいとされており、「和」を感じさせてくれていいですね。

まだまだこれから代替案が生み出されてくることでしょう。どんなデザインが選ばれるのか楽しみです。

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone