WordPressの始め方はこれだけ読めば完璧!ドメイン取得からカスタマイズまで

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

WordPressでブログやサイトを始めたいと考えている方に向けて、これだけ読めば誰でも始められるという記事を書いておきたいと思います。レンタルサーバーの借り方から、インストール、カスタマイズまで、この記事を最後まで読めばできるようになります。

wordpress

誰でも簡単にWordPressでブログ作れるよ!

以前、筆者はWordPressって敷居が高く、自分でブログたちあげるのって大変なんだろうなぁと漠然と思っていて、なかなか手が出せませんでした。確かに筆者が始めた頃は、見よう見まねでやってきたので、大変なこともありました。でも、実際始めるのは簡単なんです。今回はWordPress未経験だけどブログを始めたいと思っている方が、簡単にブログを始められるようマニュアルを作成しました。基本的にはこれに沿っていけば、好きなドメインでブログをつくり上げることができちゃいます。

※WordPressを利用するには、少なくともレンタルサーバー代とドメイン利用料がかかります。またここで紹介するテーマ(テンプレート)購入にも費用がかかります。テーマはWordPressにデフォルトでインストールされるものを利用することも可能なので、その場合は無料です。ただテーマを含めても初期投資はトータルで1万円程度なので、ちょっとだけお金をかければいいものができあがるので、最初はケチらないほうがいいと思います。

今回の記事で利用する環境としては、下記のとおりです。

項目 環境(利用サービス)
レンタルサーバー ロリポップ!
ドメインサービス ムームードメイン
作業PC  MacBook Air

1.ドメイン取得

まずはサイトに必要なドメインを取得していきます。ドメインとは、本ブログであれば「katatemadesign.com」です。サイトの住所になるので、サイトの名前がきまっていれば「<サイト名>.com」など決めてください。末尾は「.com」ではなく、「.me」や「.jp」など、自由に決めることができます。ただし、すでに世の中に利用している人がいれば、それを使うことができません。ムームードメインで調べながら、自身の使いたいドメインを取得してください。

ここでは、「◯◯◯.me」(画像はモザイク)というドメインを490円で取得することにしました。

wordpress_start1

上の画像で、自分のほしいドメインを見つけたら、「◯(確定)」を選択します。すると、ムームードメインのログイン画面が出てきます。筆者は既にアカウントを持っていたので、「ムームーIDをお持ちの方」にIDとパスワードを入力しました。この記事を読んでいる方は、おそらく初めての方が多いので、「新規登録」をクリックし、ユーザー登録をしてください。

wordpress_start2

ログイン後(ユーザー登録後)、ドメイン設定の画面が出てきます。「WHOIS公開情報」は、「弊社の情報を代理公開する」を選択、「ドメインサーバ(DNS)」は「ムームーDNS」で良いでしょう。

wordpress_start3

そして今度は、ドメインの契約年数を入力し、その分の費用を支払います。ここで「お支払い方法」も選択してください。筆者の場合は、1年で490円の税込みで529円ですね。入力したら「次のステップへ」をクリックします。

wordpress_start4

ここまでがドメインの設定になります。

2.レンタルサーバーを借りてWordPressをインストール

今度は、レンタルサーバーを契約し、取得したドメインでサーバーを使えるようにしていきます。といっても、ムームードメインとロリポップ!は連携してくれているので、難しいことは何もありません。

手順1の続きから。レンタルサーバーのプランを選びましょう。最初は月額250円〜の「ロリポプラン」で基本的には問題ないと思います。最初は「10日間無料お試しする」ことができます。※ロリポプラン以上でないとWordPressは使えません。

wordpress_start5

プランを選択したら、「次のステップへ」を選択します。

wordpress_start6

レンタルサーバーのプランを確認したら、利用規約にチェックを入れ、「お支払いへ」をクリック。

wordpress_start8

ここで連携サービス(ロリポップ!)の手続きも完了したので、最終的にドメインの取得ができます。「取得する」をクリックし、完了してください。これで設定したドメインはあなたのもです!

wordpress_start9

すると「ドメインを取得しました!」という画面に切り替わります。次に「ムームーDNSセットアップ」をクリックします。

wordpress_start10

するとムームーDNSのセットアップ画面が表示されます。ここでは上の2つ「◯◯◯.me」と、「www.◯◯◯.me」だけ「ロリポップ!」にチェックを入れればよいでしょう。読者が「www.◯◯◯.me」でアクセスしても、「◯◯◯.me」のサイトに飛んでいきますよという設定です。最後に「セットアップ情報変更」をクリック。
wordpress_start12

「サービス情報をセットアップしてもよろしいですか。」とメッセージが出てくるので、「OK」を選択。

wordpress_start13

今度は、ロリポップ!のユーザー専用ページにアクセスします。「独自ドメイン」にチェックを入れ、自身の取得したドメインをその下に入力。パスワードは、ドメイン取得完了したときにメールが届いているはずなので、そこに記入されています。必要事項を入力したら、「ログイン」します。

wordpress_start15

するとこういった管理画面が出てきます。こちらはサーバーの情報なので、WordPressインストール後はそれほどログインすることはないでしょう。

wordpress_start16

ここからがWordPressのサーバーインストール作業になります。左サイドバーにある「簡単インストール」>「WordPress」をクリックします。

wordpress_start17

次の画面では、以下のように設定してください。最後に「入力内容確認」を選択します。

項目 入力内容
インストール先URL 取得したドメインを選択
サイトのタイトル これから作るサイト名
ユーザー名  WordPressのログイン時のユーザー名
パスワード  WordPressのログイン時のパスワード
メールアドレス  自身のメールアドレス
プライバシー  チェックを入れる

wordpress_start19

確認画面が出てきたら、「承認する」にチェックを入れてから「インストール」。

wordpress_start20

ここまできたら、WordPressのインストールは完了!取得したドメインにアクセスしてみてください。ブログっぽい画面が出てきますよ!ブログの管理画面にアクセスするには、「http://◯◯◯.me/wp-admin」(「◯◯◯.me」の部分は自身の設定したドメイン)にアクセスし、WordPressをインストールするときに設定したIDとパスワードを入力すればログインできます。テーマはデフォルトのを利用するという方は、ここで終わりです。お疲れ様でした!

3.テーマの購入からインストールまで(カスタマイズ)

WordPressのいいところは、カスタマイズの自由度が高いところです。そんなWordPressには星の数ほどのテーマが存在します。世の中のエンジニアさんがテーマを作って、それで稼いでたりするわけです。なので自分の作りたいサイトのイメージがあれば、それに近いテーマを探し出し、購入してWordPressに適用すれば自分の思うようなデザインに仕上げることができます。

初心者の方は、テーマを使うことを強くオススメします。ではどうやって探せば良いかというところですが、下記ブログで探すことをオススメします。英語のみなので、日本語がよければ検索して調べてみてください。

参考:colorlib(英語のみ)

このブログで自身の使ってみたいテーマを探してみてください。探しだしたら、先に進みましょう。

筆者は「Celine – Responsive Shopping WordPress Theme」というテーマを購入しました。購入するテーマを選んで、「Buy Now」をクリックします。

※今回は「Envato Market」というサイトで購入していますが、ブログで見つけたテーマがその他のサイトでの購入を促されることもあります。今回、この記事では「Envato Market」での購入方法を紹介します。

wordpress_start22

この記事を読んでいるほとんどの方は、Envato Marketでテーマを購入するのは初めてだと思うので、その場合は「I need an Envato account」の「Sign up」をクリックし、アカウントを作成して手続きを進めてください。

wordpress_start23

アカウント作成後は購入手続きです。「Billing Details」に、必要事項を入力していきます。「Address line 1」には英語で住所を入力しましょう(「Tokyo」などだけでも大丈夫です)。

wordpress_start24

「Payment Method(支払い方法)」は、PayPalを使えばクレジットカードで支払うことができるので、便利です。

wordpress_start25

「Checkout with PayPal」をクリックします。

wordpress_start26

これで支払い手続きは完了になったので、あとは「Download」するだけ。

wordpress_start27

「Downloads」画面で、今回購入したテーマを「Download」>「All files & documentation」選択します。そうすると自動的にダウンロードが開始し、zipファイルがダウンロードされます。

wordpress_start28

今度は、ブログの管理画面にアクセスしましょう。「http://◯◯◯.me/wp-admin」(「◯◯◯.me」の部分は自身の設定したドメイン)にアクセスし、IDとパスワードを入力してログインします(WordPressをインストールした際に設定したIDとパスワード)。その後、「外観」>「新規追加」をクリックします。

wordpress_start29

「テーマのアップロード」をクリックします。

wordpress_start30

するとファイル選択画面が表示されるので、先ほどダウンロードして展開したファイルの中にあるzipファイルを選択しましょう。アップロード完了後、そのテーマを「有効化」すればテーマの適用が完了です。

wordpress_start31

以上までが、基本になります。これで自身が作りたいサイトの土台はできました。あとはご自身のサイトによって変わってくる、本当の意味でのカスタマイズになります。最低限、以下は必要になってくるでしょう。

  • サイトのロゴを作成してアップロードする
  • トップページの見栄えを整える
  • 固定ページでお問合せページやプロフィールページを作る
  • カテゴリーを作る(記事のカテゴリー)
  • メニューを作る
  • SNSボタンを設定する
  • サイドバーを設定する

こればかりはテーマによってやり方が大きく変わるので、ここでやり方をご説明することができません。まずは色々触ってみて、この設定をするとサイトはどう見えるのか、触りながら少しずつ理解していくといいでしょう。

本記事のお問い合せはコチラからお願いします。※WordPressについての質問は、わかる範囲でお答えします。

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone