転職して年収150万アップして子供と過ごす時間が長くなった話

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

筆者は1年前、転職しました。せっかく入社した大企業から転職するという一大決心でした。たぶん、器が小さくビビリな筆者にとって、これほど大きな決心することは二度とないでしょう。そのへん含めて、参考になるかわかりませんがご紹介します。

IMG_4041

転職は常に人生の選択肢に入れておいたほうがいい

筆者は転職して1年が経過しました。大企業から転職して色々と環境が変わり、個人的には充実した毎日が過ごせています。今回はこの経験が、転職をちょっとでも考えている方にとって参考になればいいなと思い、筆をとった次第です。

この記事を書こうかどうかずーっと迷っていたのですが、ブロガーとしては自分の経験が少しでも人の役に立てるなら書いたほうがいいと思い、重い腰を上げて書いております。そしてタイトルはキャッチーで魅力的に感じるよう書いてはいますが、これはできるだけ多くの人に読んでいただくためであって、あくまでもこの記事は転職を薦めるものではありません。東京で消耗するのをやめたブロガーさんのように、自分が選んだ道を他の人に薦めるようなことはしません!転職を考えている方にとって、少しでも参考になればと思います。

個人的に思うのは、「転職」というものは人生の選択肢には常に入れておいたほうがいいと思います。実際に転職するしないは別として、選択肢には入れた方がいいのかなと。というのも、「いつか転職するかも」と頭の片隅に置いておくだけで、普段のモチベーションが違ってくると思います。だって今働いているところが、いつ潰れるかわからないですよね。潰れなかったとしても、リストラをくらう可能性だってありますよね。ソニーだってシャープだって大規模のリストラを敢行しています。だから自分がいつ転職を迫られる状況に陥るかどうかはわかりません。であれば、他の企業に行ってもやっていけるだけのスキルは、絶対に身につけておいたほうがいいはずです。そういう意味で、「転職」という選択肢は頭の片隅に入れておくべきだと思うのです。現在、転職を迷っている方は、そのまま迷いながらも目の前の仕事に力を入れることで、絶対に将来活かされるのではないでしょうか。(わかったような口きいてすみません。)

で、本題の筆者の話ですが、転職した理由、転職して良かったこと、良くなかったことを紹介します。

「転職」という道を選んだ理由

僕が「転職」という道を選んだのは、主に4つです。

  • 家族と過ごす時間が増やしたい
  • 趣味で稼げるようになりたい
  • 収入アップしたかった
  • 将来の夢に向かいたい

僕は大企業でSEをやっていました。SEですから、やはり仕事が夜遅くまでかかってしまうのは、免れることができません。毎日21時頃に仕事が終わって、帰るのは22時過ぎ。日によっては日をまたぐことがありました。SEであれば当たり前の生活です。でも僕はこれに耐えることができませんでした。仕事時間が長いのはいいのですが、それに比例して家族との時間が減ってしまう。これが耐えられませんでした。筆者にとって何が一番大切か考えたとき、最も重要なのは「家族」だと改めて認識しました。仕事よりも趣味よりも社会的地位よりも「家族」でした。その家族との時間を増やしたい、その一心で転職を考えるようになりました。たぶん、「家族」が原動力となって転職に踏み切ることができたのだと思います。

あとの3つについても、やはり「時間」がないと実現できない。時間はつくるものだとは言え、劇的に「自分の時間」を確保するためには、やはり環境を変えるのが一番だと思ったのです。

転職して良かったこと

では「転職」して良かったことは何か。上記を求めて転職し、本当に実現できているのかという点ですが、実現できていると思っています。

  • 家族との時間が増えた
  • ブログ(趣味)で稼げるようになった
  • 収入がアップした
  • 新しい仕事が自分に合っている

どんな仕事に転職したかというのはお伝えすることはできませんが、転職した結果、家族との時間が増えました。子供が産まれたので、子供が寝る前に帰宅し、玄関では子供が迎えてくれます。毎日子供をお風呂に入れています。子供が寝る前に、ベッドの上で遊んでいます。平日に、子供が寝る前に触れ合うことができているのは、転職したおかげです。

また、お金の話になりますが、趣味であるブログや、デザイン関連で少しでも稼げるようになりたいと思ったことも転職を考えた理由の一つです。自分の力だけで稼げることほど、嬉しいことはないです。おかげでちょっとですが、収入が増えました。転職して残業がかなり減ったので、残業代は減りましたが、基本給がアップしたので、残業なしでも少し年収はアップ。ブログで稼いでいる分と合わせて、タイトルにあるような年収アップを実現することができました。社会的地位はいらないまでも、お金についてはやっぱり大事です。自分の時間が増えて収入が増えたのは、やっぱり良かったなと。

新しい仕事が自分に合っているなとも思っています。以前はお客さんや上司にペコペコ頭を下げる毎日でしたが、現在はどちらかというと逆です。職場は自分をかなり必要としてくれるので、そんな環境がやりがいを感じさせてくれます。

そして将来の夢については、時間がかかりますが、少しずつ歩み始めてると思います。

転職して良くなかったこと

転職して良くなかったことも少しあります。それは「ネームバリューが下がったこと」。結婚している筆者にとっては、ほとんど気にならないのですが、やはり大企業にいた頃は「ネームバリュー」というのは絶大なる力を発揮してくれて、周りからの目も気持ちがいいものでした。合コンでは特に、自分がモテてるんじゃないの?と錯覚するほどでした。実際はその所属している会社のネームバリューに魅力があっただけであって、危うく勘違いするところでした。

まとめ

書いてみたら、転職して良かったことに偏ってしまいましたが、転職する前に、自分にとって何が最も重要か考えるのがいいと思います。自分にとって何が大事か発見することができると、自ずと自分の進むべき道が見えてくるように思えます。僕のように「家族」かもしれないし、人によっては「仕事」になるかもしれない、「お金」かもしれない。転職に迷っている方は、一度立ち止まって、自身が最も大切にしたいことを考えてみてください!転職しなくても、それが実現できるかもしれませんので。

もし転職に関する相談等がれば、コチラからお問い合わせください。

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone