ディズニー「アラジン」実写化決定!ジーニーがランプの魔神になるまでを描く

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

大人気ディズニー映画「アラジン」が実写化されることがわかりました。

IMG_4393

アラジンではなく「ジーニー」にスポットが当てられる実写版

1992年に公開されたディズニー映画「アラジン」が、「ジーニーズ」として実写化されることが判明しました。ジーニーが魔法のランプの中の人となるまでが描かれます。

「アラジン」は、アラビアンナイトを元にアニメ化されたディズニーの大ヒット代表作。昨年、ジーニーの声優を務めたロビン・ウィリアムズが死去したことで、再び脚光を浴びるようになりました。

関連:死去ロビン・ウィリアムズはアラジンのジーニー役!関連ツイートに大感動

また日本では、劇団四季のミュージカル「アラジン」が5月より公演が開始され、アラジンブームが再び巻き起こっているところでのこのニュース。

関連:ジーニー主役の劇団四季「アラジン」はライオン抜いて史上最高のミュージカル

改めてジーニーというキャラクターが脚光を浴びている中、実写版では「ジーニーズ」というタイトルがつけられ、まだまだジーニーが活躍することになりそうです。

今回は、ジーニーがランプの魔神になり、ランプを手に入れた主人の奴隷になる運命を辿るようになってしまった経緯が描かれます。よってアラジンが出てくることはないでしょう。ただ「マレフィセント」のように、本編につながる内容となることは間違いないでしょう。本当に楽しみですね!!

Source:The Hollywood Reporter

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone