ダメ男を追う女子が恋している時、判断力が完全に欠落していることが証明されている

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ダメ男を追っかける女子が周りにいたりしませんか?その子は完全に恋の判断力を失っています。

love_wedding

脳科学的に恋は盲目が実証されている

なぜかダメ男を追っかけて、周りに心配をかける女子っていますよね。筆者の友人にもいました。こういう子は、恋をしている時、ほとんど理性が働いていません。数字や科学の問題を解く際の判断力が鈍るということはないのですが、恋する相手に対してのみ判断力が鈍ります。

こういった女子がダメ男を追いかけてしまっている際は特に、脳の中の判断力が欠いていることが証明されています。

ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジの神経生物学部のゼキ博士とバーテルス博士は、激しく恋している人の脳内活動が一部「抑制」されていることに気が付きました。2人は男女17人に恋人の写真と、無関係な異性の写真を見比べてもらい、その様子をfMRIで測定しました。(fMRI…MRIの原理を応用して脳が機能している時の血流の変化などを画像化する方法)その結果、恋人の写真を見ている時にだけ活動が抑えられている領域を見つけたのです。その場所とは、扁桃核と頭頂・側頭結合部の2箇所。

扁桃核は不快を感じる働きを担っています。「恐い」「不快だ」「嫌い」といった否定的な気持ちを生み出しているところです。一方、頭頂・側頭結合部は判断力や物事を批判的に捉える働きをする部分。

バーテルス博士の解説によると、「これは、恋をしている人物は正常な判断ができないということを意味しています。恋人のことを批判的に見ることができなくなってしまう。」だそう。

完全にバカになるわけではなくて、好きな相手にのみバカになるんです。恋は盲目って言いますが、脳科学的にも言えるのです。

よって恋をしているときは、周りに相手がどうなのか聞いてみることで正しい判断ができます。ぜひ自分が気が狂いそうなほど恋してると思ったら、一度立ち止まってみて、自分は間違っていないか周りに聞いてみてください!!

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone