【ネタバレ】「アラジン」劇団四季ミュージカルとアニメーション映画の違い 5選

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

劇団四季ミュージカル「アラジン」を観てきました。まだ観劇していない方は、ミュージカルとアニメ映画の違いが気になるところだと思います。今回はその違いをご紹介します。ネタバレありなので、ご注意ください。

IMG_4387

映画をうまーく舞台用にアレンジした四季ミュージカル

アラジンを舞台にするには何個かのハードルを越えないといけません。例えば魔法の絨毯をどのように舞台で表現するのか。ミュージカルの「アラジン」を観る人は、ほとんどの人がすでに映画「アラジン」を観た人でしょう。中には筆者のように好きすぎて何度も繰り返して観た人も多いはず。それほど素晴らしいアニメ映画「アラジン」を、舞台でどのように表現するか非常に難しいところだと思います。そこで筆者が観る前に疑問に思っていたことを、劇団四季はどうクリアしていたかを紹介します。

1.魔法の絨毯はどのように表現したか

魔法の絨毯をどうやって表現するのか。ご察しの通りワイヤーでした。絨毯と同じ大きさで絨毯の形をした台に乗ってアラジンとジャスミンはあの有名な「ホール・ニュー・ワールド」を歌うシーンを再現していました。さすがに絨毯はうねうねしませんでしたが、ワイヤーの操作により絨毯っぽさを表現しています。なによりも星の輝く幻想的な雰囲気にしていたので、とりわけ絨毯が台であることは全く気になりませんでした。

2.ジーニーは映像?それとも人間が演じる?

ジーニーは人間が演じます。ジーニーの天才っぷりはこちらの記事を読んでください!史上最高のミュージカル俳優が演じています。動画はブロードウェイの映像です

関連:ジーニー主役の劇団四季「アラジン」はライオン抜いて史上最高のミュージカル

3.ジーニーの登場の仕方は?

ジーニーの登場の仕方は感心しっぱなしでした!舞台の下から周りながら出てくるのですが、アラジンが魔法のランプをこするとランプから煙が出ます。そのランプを舞台の下から出てくるところに持って行って、その煙の中からジーニー登場。考え抜かれた秀逸な演出!

4.アブーやイアーゴは?

アブーは出てきません。代わりに3人の友人がアラジンをフォロー。3人の中には、「カシーム」という友人がいます。実は「アラジン完結編 盗賊王の伝説」で出てくるアラジンの父の名前です。ここから舞台用に名前を借りたようです。

そしてジャファーのペット兼参謀役である、赤い羽毛と紫の尾羽を生やした極彩色のオウム・イアーゴも人間です。これだけはしょうがないですね。人間が動物演じるより、そちらの方が自然ですもんね。

5.ラストの締めくくりは?

ラストは実際に観てほしいですが、ライオン・キングほどの盛り上がりはないです。アニメ映画では、アラジンとジャスミンが結ばれて、「ホール・ニュー・ワールド」のいいところだけ歌って終わりですよね。かなり近いです。そしてここでやってくれるのがジーニー。笑いと感動を提供してくれて、最後を終えることができます。ジーニーが主役と言っても過言ではない舞台でした。

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone