桃鉄作者さくまあきら「さよなら、桃鉄」東北復興版は完成もリリースなしか

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

大人気長寿ゲーム「桃太郎電鉄」は、大人の事情でもう作られないことになりそうです。大人気ゲームだけに、世間は残念な声で溢れています。

FullSizeRender 3

作者とコナミの食い違い

筆者ももちろんお世話になったゲーム「桃太郎電鉄」が、作者とコナミ間のトラブルにより、もう新しい作品のリリースは期待できなさそうです。

作者のさくまあきらさんは、まずこうつぶやいています。

「石川」とは、制作元のコナミ側担当者。作者さくまあきらさんは、この「石川」と全く連絡が取れず、なんらかのトラブルがあったようです。業を煮やしたさくまさんは、「桃太郎電鉄は、正式に終了」と断言。さらにはこんなツイートも。

「さよなら、桃鉄。」と。

実際このツイートからは、さくまさんは桃鉄を存続したいようにも見られます。しかし大人の事情で頭にきていて、このようなツイートに走っているようにも見えますね。一応、本人は「正式」なツイートとしています。

一方、コナミはというと、ホームページ上でこの件についてコメントしています。

平素は弊社製品をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

『桃太郎電鉄』シリーズの制作について、お客さまにご心配をおかけしております。

同シリーズは、多くのファンの皆様からご支持頂いていると共に、弊社も長年かけて育ててきた大切なタイトルですので、今後も続けて参りたいと思っております。

次回作をどのような形で提供できるかについては、さくまあきら氏と話し合いを続けておりますが、残念ながらまだ結論が出ておりません。

一日も早く、ファンの皆様に喜んでいただける作品をお出ししたいと思っておりますので、引き続き同シリーズをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。(出典:『桃太郎電鉄』シリーズに関するお知らせ

「今後も続けて参りたいと思っています。」とのこと。双方の意見に食い違いがあります。

そしてファンはこのさくまさんのコメントに対し、非常に残念だというコメントが数えきれないほどつぶやかれています。

しかも驚くことに、東北復興版は完成していたようです。少なくとも近日中のリリースはなさそうですね。

続けて欲しい!復活を切に願っております!

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone