Keynoteでキャラクターに動きをつけてアニメーション動画を作る方法

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

結婚式のプロフィールムービーや余興ムービー等、自作ムービーにアニメーションを入れることができれば、オリジナリティーがアップします。Keynoteだけでも自分でアニメーションを作ることができるので、自身でぜひ作ってみてください。今回は作ったキャラクターに動きを加え、アニメーション動画を作ってみます。

keynote_action

自作キャラクターに動きをつけてアニメ制作

前回は、Keynoteで自作キャラクターを作ってみました。今回は、そのキャラクターに動きをつけてみましょう。まだ読んでいない方は、そちらからご覧ください。

関連:お手軽自作ムービー!Keynoteでアニメーション動画を作るためのキャラクター作り

今回は、こんな簡単な動きをつけてみます。キャラクターが2回ジャンプして、右に一回転しながら移動します。

キャラクターに動きを付ける方法

まず自分で制作したキャラクターを、一つのオブジェクトにするところから始めます。前回が終わった時点では、まだパーツがバラバラですね。(◯などの図形が、一つにまとまっていない)

action_keynote1

なので一つにまとめたい図形を全部選択します。

action_keynote2

これをグループ化します。グループ化するには、「配置」>「グループ」をクリックします。

action_keynote3

これで、バラバラだった図形たちが、一つの図形(オブジェクト)として認識してくれるようになりました。

action_keynote4

今度は、この一つの図形になったキャラクターを選択した状態で、右上の「アニメーション」>「アクション」>「エフェクトを追加」を選択します。ここから動きをつけていく作業になります。

action_keynote5

まずはキャラクターにジャンプをさせたいので、エフェクトは「移動」を選択。

action_keynote6

するとキャラクターの分身が出てくるので、それを本体の上に持っていきましょう。

action_keynote7

こんなかんじ。

action_keynote8

で、上の状態だけだと、飛び跳ねたように見えません。なんでかっていうと、「継続時間」が1秒になっているからです。上にジャンプするときって、1秒もかからないですよね。そこで「継続時間」を0.1秒にしてみてください。

action_keynote9

今度は、上に跳ねたら下に戻らないといけません。なのでまた「アクションを追加」して、キャラクターを下に戻してあげましょう。「移動」を選択します。

action_keynote10

するとまた分身が出てくるので、今度は本体に重ねます。ここも「継続時間」は0.1秒に設定してください。

action_keynote11

これで一度跳ねる動作が完了。

action_keynote12

同じように、アクションを追加して、もう一度跳ねる動作を追加してみてください。それが終わったら、「上→下→上→下」という動作が作成されたと思います。これを一連の動作にしてあげる必要があります。右下の「ビルドの編集」を選択します。

action_keynote16

すると各「移動」という動作が4つあります(左画像)。現時点は、各「移動」は、繋がっていない動作です。まず1つめの「移動」を選択し、「開始」を「クリック時」(中央画像)から「トランジションの後」にします(右画像)。

今度は2つめの「移動」を、「ビルド1の後」に変更。3つめも4つめの同じように「ビルド◯の後」にします。

これで2回ジャンプは完了です。今度は、1回転しながら右へ移動です。「アクションの追加」>「回転」を選択。新しい分身を右にスライドさせます。

action_keynote22

「回転」アクションでは、角度と回転をそれぞれ、「0°」、「1」に設定。

action_keynote24

そして今度は、本体から伸びてる赤い線をクリック。これをビヨ~ンと上に持っていきます。

action_keynote25

すると弧が描かれました。

action_keynote26

最後に、「ビルドの編集」で、5の「回転」と6の「移動」を同時に開始されるよう設定し、4と5をつなげればOK!

action_keynote27

これで2回ジャンプと回転・移動が一連の流れになりました。「再生」をクリックして、動作を確認してみてください。

action_keynote28

動画への書き出し

最後に動画へ書き出してみます。「ファイル」>「書き出す」>「QuickTime」を選択。

action_keynote29

「プレゼンテーションを書き出す」では、「フォーマット」を「1080p」を選択し、「次へ」をクリック。

action_keynote30

するとフォルダ選択画面が出てくるので。自身の好きなフォルダに保存してください。m4v形式で書き出されます。これをiMovieに取り込んで煮るなり焼くなりしてみてください!

関連:KeynoteとiMovieを使ったアニメ入り結婚式用プロフィールムービー制作方法

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone