Apple Watch版Evernoteはスーパーの買い物に最適だった

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Apple Watch版「Evernote」を使って、スーパーへ買い物へ行ってきました。iPhoneをポケットから出さずとも、買うべきものが手元でわかるので超絶便利でした。

evernote_applewatch

Apple Watch版EvernoteはToDoがいい感じ

Apple Watchの「Evernote」で使える機能としては、本当に限られていて、下記しかありません。

  • 最近のノートを表示
  • リマインダーを設定
  • ノートに音声入力
  • ToDoリストのチェック
  • ノートの検索・閲覧

とはいえ、時計なのにここまでできれば充分。Apple Watchは結局iPhoneの補完的存在です。「iPhoneをポケットから出すほどではない」時に、このApple Watchが最大限の力を発揮してくれます。

Apple Watch版のEvernoteは、その「iPhoneをポケットがから出さない」時に最大限の力を発揮してくれるいい例です。早速、Apple Watch版のEvernoteを使ってスーパーに買い物へ行ってきました。

IMG_3413

まずはスーパーへ行く前に、iPhoneで買う物をリスト(ToDoチェックボックスを使う)を作っておきます。iPhoneを出すのはこのタイミングだけです。ここでは「買うもの」ノートを作成しました。

IMG_3409

スーパーに着いたら、Apple WatchのEvernoteを起動します。すると最近更新したノートに「買うもの」ノートが出てきます(左画像)。ノートをタップして開くと、買うものリストが一覧になって出てきます(中央、右画像)。

スーパーで買うものをカゴに入れていきながら、Apple Watch上でチェックを入れることができます。

ここがポイント!Evernoteを起動した状態で、Apple Watchを画面を顔に向ければ、スリープ状態からすぐに立ち上がり、今まで開いていたノート(「買うもの」リスト)を表示してくれます。つまり腕を動かすだけで、ノートが出てきます。しかしiPhoneで同じことをやろうとすると、ポケットからわざわざiPhoneを取り出し、ロックを解除しないといけません。この差が大きい!ToDoリスト(「買うもの」リスト)のチェックを腕元だけで確認できるので、本当に無駄がありません。スーパーに行った際は、「買うもの」リストを何度も確認しながら買い物すると思います。これを腕元の時計だけで完結できちゃうというのですから、無駄な動作を減らすことができたなーと実感できます。

Apple Watchでチェックをしたものついては、もちろんiPhoneで確認してもチェックされています。

IMG_3418

これからは当分、この手法でスーパーへ買い物に行くことになりそうです!!ちなみにApple Watch版Evernoteの紹介動画はこちら。

[Youtube]

 

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone