TDLは「美女と野獣」や「ふしぎの国のアリス」TDSは「アナ雪」エリア拡大へ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

オリエンタルランドは、東京ディズニーランド(以下、TDL)と東京ディズニーシー(以下、TDS)のエリア拡大の開発構想を発表しました。

olc_press3

©Disney img via olc.co.jp

やっぱりアナ雪も美女と野獣もきた!

昨年、オリエンタルランドは今後 10 年間で、テー マパーク事業に 5,000 億円レベルの投資を実行すると発表しました。

関連:TDRパーク拡大!ファンタジーランドは2倍の広さでTDSは新テーマポート

TDLでは、ファンタジーランドの面積を約 2 倍へと拡張する予定とされています。

tdl_map

TDSでは、ロストリバーデルタの南側の拡張用エリアに、8つ目の「新テーマポートの開発」を予定しています。

tds_map

4月28日、この開発構想が、さらにどんな内容になるかが発表されました。発表内容は以下。ニュースリリースより抜粋です。

この度、この開発構想において、東京ディズニーランドの「ファンタジーランドの再開発」を 複数のエリアで構成し、その一部をディズニー映画『美女と野獣』、『ふしぎの国のアリス』を テーマとする方向性といたしました。また、東京ディズニーシーの「新テーマポートの開発」は、 一部のエリアをディズニー映画『アナと雪の女王』の世界をテーマとし、新テーマポートの全体テー マを「北欧」とする方向性といたしました。いずれのエリアも、東京ディズニーリゾートオリジナ ルのアトラクションやレストランなどを導入し、世界でここだけの魅力あふれる新エリアとして 開発する方針です。
出典:東京ディズニーランド、東京ディズニーシー今後の開発構想 大規模開発エリアのテーマ方針を一部決定 | オリエンタルランドグループ

まずTDLは、「美女と野獣」エリアの登場。こちらはすでにディズニーワールドにあります。同じような内容になるかはまだ不明です。

olc_press1

©Disney img via olc.co.jp

そして「ふしぎの国のアリス」エリアも登場します。アリスエリアの拡充は待っていた人も多いのではないでしょうか。ただイラストから推測するに、クイーン・オブ・ハートのバンケットホールは既存のまま利用するのでしょうか?

olc_press2

©Disney img via olc.co.jp

TDSは、ディズニー映画『アナと雪の女王』の世界を体験できるエリアも含む「北欧」をテーマとした新テーマポートが開発されます。やはりアナ雪きましたね。イラストから推測すると、向かって左の方がアナ雪エリアでしょうか。

olc_press3

©Disney img via olc.co.jp

年内にはさらなる詳細が発表されるようです。詳細を待て!!

[東京ディズニーランド、東京ディズニーシー今後の開発構想 大規模開発エリアのテーマ方針を一部決定 | オリエンタルランドグループ]

 

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone