iPhone歴6年の筆者がオススメするウィジェットの使い方 6選

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

iPhoneのiOS 8より追加された機能「ウィジェット」ですが、筆者はかなり利用しています。今回はオススメのウィジェットの使い方をご紹介します。

FullSizeRender__5_

アプリを追加しすぎても使いづらい!加減が重要なウィジェット機能

通知センターのウィジェットは、iOS 8から追加されましたね。筆者はiPhoneを使い始めて6年になりますが、これほど使う機能もなかなかないです。ウィジェットとは、各アプリをひと目で情報を得られるよう小型化されたアプリのこと。iPhone画面の上の方からシュッとスワイプすると、出てくるあれです。

筆者は、ここに6つのウイジェットを追加しています。ウィジェットに追加するかどうかの基準としては、以下だと考えています。

・トップ画面に設置するほどではないが、突然必要になることがあるアプリ
・起動するほどでもないけど重要な情報を提供してくれるアプリ

つまり頻繁に使うことはないけど、突然緊急を要してすぐに起動する必要が出てくるアプリ、もしくは、アプリを起動するほどではないけど、しばしば必要になる情報を提供してくれるアプリのウィジェットを追加しています。

この基準を満たしたアプリが以下です。

1.Launcher

IMG_3241 2

Launcherは、ウィジェットにアプリを置けるアプリです。特にここに置いていて重宝しているのは、「設定」アプリ。それほど頻繁に利用することはないのですが、容量を確認したりiCloudの設定を変更したりとしばしば利用することがあります。他にも「楽天でんわ」は、普通に電話するより安いので、しばしば利用するのでここに置いています。「Shazam」は、街中で聴こえてきた曲をすぐさま調べたいことがあり、普段はそれほど使わないけど緊急を要するアプリ。このように、「普段はあまり使わないけど、緊急を要する場合に利用したいアプリを常駐」させることができます。

>>ダウンロードはコチラ

2.そら案内

IMG_3241 3

そら案内」は、毎朝1回見ています。ただ単に、「傘が必要か、寒いか、暑いか」だけ確認できればいいので、アプリを起動するほどでもない情報です。でも重要な情報になるので、ウィジェットで確認しています。

>>ダウンロードはコチラ

3.株価

IMG_3243

デフォルトの「株価」アプリです。投資をしているので、毎日ここで株価のチェックをしています。チェックしたい株価だけ瞬時にここで確認。

4.Y!ファイナンスポートフォリオ

IMG_3243 2

3の「株価」と同様、株のポートフォリオ情報をこちらで表示できます。自身が買った際の株価と、現在の株価から損益を算出してこちらに表示してくれます。

>>ダウンロードはコチラ

5.Yahoo!乗換案内の「通勤タイマー」

IMG_3244 2

Yahoo!乗換案内」の「通勤タイマー」機能が心底便利!!自身の通勤経路を設定しておくと、朝は家の最寄り駅からあと何分で電車が発車するか、帰宅時は何時に会社の最寄り駅から電車が発車するかをリアルタイムで表示してくれます。これによって、乗り遅れることが格段に減りました。本当にオススメ。

>>ダウンロードはコチラ

6.Cheatsheet

IMG_3244 3

Cheatsheet」は、たまに見たいテキストメモを置いておけます。筆者は通勤時、降車したら目の前に階段があってほしいので、時間毎に何号車に乗れば良いかとか、たまに利用するバスの時間とかをここに記入しています。これも非常に便利です。

>>ダウンロードはコチラ

筆者が設定しているのはこれだけ!これ以上多くのウィジェットを追加しても、多すぎて逆に不便になってしまいます。なので多くて6〜7つのウィジェットに抑えるようにしましょう。

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone