利用歴6年の筆者が教える少し生活が豊かになるEvernoteの使い方 8選

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

筆者(@manaboo_y)はEvernoteを利用して6年ほどになります。Evernoteのβ版がローンチされたのは2008年なので、その後すぐに利用を開始しました。以降、Evernoteは第二の脳として本当に活躍してくれています。

P1070210

あなたの知らないEvernoteの使い方

もはやスマホにはデフォルトでインストールされているもしくは、最初にインストールすべきEvernoteは、100人いれば100通りの使い方が考えられると思います。筆者は、新しい使い方がないか常に考えてきました。そこで今回は、みなさんがきっと考えたこともないであろうEvernoteオススメの使い方8選をご紹介したいと思います。

1.病院や薬の情報を記録してお薬手帳に

Evernote_Premium

病院や薬の情報を記録するようにしています。どんな症状だったかも書いておくと、後で残った薬の利用法がすぐにわかり、非常に便利です。あとは新しくかかる病院に行く際、「こんな薬を飲んでいます」とすぐに提示できるので、「お薬手帳」代わりとしても機能します。

2.女子にオススメ!持っている洋服を記録してコーディネートのお助け

Evernote_Premium 2

洋服の写真をEvernoteに入れておくことで、いつでも一覧にして視覚的に確認することができます。これは洋服を多く持っているほど役立ちます。なので女子にオススメです。写真を撮って入れるのは大変な作業ですが、一度入れてしまえばこっちのもの。今日のコーディネートを考えるのに役立ててみてください!

3.家の電球(消耗品)の写真

Evernote_Premium 3

まれに家の電球が切れちゃいますよね。電球の写真(型番含め)を撮って入れておけば、ヨドバシカメラなど家電量販店へ行った際に、買うのに迷うことはなくなります。

4.宿泊や舞台の予約確認メール

Evernote_Premium 5

ホテルの宿泊を一休.comで予約したら、予約確認メールが届きますよね。それをEvernoteに保存しておきます。最近は、劇団四季ミュージカル「アラジン」を予約したので、その確認メールを放り込んでおきました。これでいつでも予約の内容を確認することができるし、予約番号も控えることができます。結婚式等パーティーのイベント情報も入れておきましょう。

5.光熱費の記録

Evernote_Premium 6

光熱費は記録しておくべきです。筆者は毎月、使用料の明細が届いたら、Evernoteに放り込んでいます。あとで1年を通しての利用料を俯瞰して確認することができます。いつ水道を使いすぎたか、いつ電気を使いすぎたかデータとして残すことで、次年度の節約の目安になります。

6.レシピの記録

Evernote_Premium 7

これは作りたいと思ったレシピはデータで保存しましょう。これ基本。いつでも好きな料理を作ることができますね。

7.今年の目標を記録

Evernote_Premium 8

今年の目標を入れておくと、いつでも読み返すことができます。チェックボックスを入れることで、ToDoとして認識するので、普段からやらなきゃいけないことを意識できます。あとはリマインダーを設定することで、定期的に読み返すようにして今年の目標を忘れないようにします。

8.行ってみたいお店リスト

Evernote_Premium 10

行ってみたいお店リストは絶対に作成すべきです!できれば、地域ごとにリストを作成すると良いです。例えば「吉祥寺で行ってみたいお店」リストを作れば、「吉祥寺でディナーしたいけどどこにしようかな」と思った時、このリストを見かえすだけですぐに決めることができますね。他にも「合コンで使いたいお店」リスト等を作っておくと便利です。

以上のアイディアを試してみるだけで、少しだけ人生が豊かになること必至です。ぜひお試しください!

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone