東急プラザ渋谷が49年の歴史にピリオドで超混雑!騒然だった現場の状況まとめ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

東急プラザ渋谷が閉幕し、49年の歴史に幕を閉じました。最後の姿を見ようと多くの人が渋谷を訪れ、現場は前に進めないほど騒然となっていました。

shibuyaplaza

跡地には18階建ての新施設

3月22日(日)、渋谷の駅前で営業してきた複合ビル「東急プラザ渋谷」が、閉館しました。「東急プラザ渋谷」は、東京オリンピックの翌年である昭和40年にオープン。約90店舗が入っていましたが、渋谷駅周辺の再開発に伴い閉館に至ったようです。跡地には、新たに18階建ての新施設がオープンする予定です。

で、今日はその閉館を惜しむ人が多く現場に訪れ、東急プラザ渋谷の周辺は前に進めないほど、人でごった返しになっていました。

閉幕ニュースを激写しようと、メディアもわんさか集まっていました。

長年渋谷を支えてきた施設が閉館するのは寂しいですが、渋谷は新たな未来へと歩み始めたようです。

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone