アカデミー賞最多4部門を受賞したサム・スミスはゲイ!受賞曲の音源あり

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

2015年2月8日、ロサンゼルスで開催された第57回グラミー賞授賞式を受賞したシンガーソングライターのサム・スミスは、実はゲイだったようです。

samsmith_gay

最も影響を受けたアーティストはアデル

2015年2月8日にロサンゼルスで開催された第57回グラミー賞授賞式で、最多の4部門「Best New Artist(最優秀新人賞)」、 “Stay with Me” に対して「Record of the Year(年間最優秀レコード賞)」、「Song of the Year(年間最優秀楽曲賞)」、”In the Lonely Hour”に対して「Best Pop Vocal Album(最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞)」が授与されました。

xxxx @taylorswift @kimkardashian #Kanye xxxx

Sam Smithさん(@samsmithworld)が投稿した写真 –

最近、来日も果たし、この美しすぎる声に酔いしれた方も多いでしょう。しかし彼は自身の苦悩をも公に公表しており、自分がゲイであることを明かしています。

  AMP music magazine Japan x   Sam Smithさん(@samsmithworld)が投稿した写真 –

そんな彼が最も影響を受けた歌手は、アデルであったことをも明かしていて、かなりリスペクトしているみたいですね。

@adeleが投稿した写真

では今回アカデミー賞を受賞することになった曲「Stay With Me」を貼っておきます。ぜひ聴いてみてください。

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone