日本の広告費ついにインターネット広告がテレビの半分の水準まで追い上げ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ネット広告費がテレビメディア広告費の半分水準にまで達し、日本の企業の広告ビジネス動向が大きく変わってきています。

ad

インターネット広告はどこまで伸びる?

大手広告代理店の電通は、2月24日、日本の総広告費、媒体別・業種別広告費を推定した「2014年(平成26年)日本の広告費」を発表しました。2014年(1~12月)の日本の総広告費は6兆1,522億円、前年比102.9%と、通期では3年連続で前年実績を上回りました。

簡単に言うと、日本の総広告費は、ここ何年かは6兆円くらいでだいたい横ばいです。しかし、その内訳が次第に変わってきているのです。どのメディアが広告費を占めているのかというところですが、テレビが一番多く、約2兆円。そして2番目が既に「インターネット」です。電通が発表した数字を、媒体(メディア)別に簡単なグラフにしてみました。

広告費2014.001

上記でテレビが1番、インターネットが2番目と書きましたが、グラフを見ると「プロモーションメディア」が1番のように見えます。ただ、プロモーションメディアは、交通広告、折込広告、フリーペーパー、DM等様々なメディアを合算しているので、一番にはなりません。

で、注目したいのはやはりインターネット。既に新聞との差を大きくしています。正確な数字としては、1兆519億円で前年比112.1%と2桁で成長中です。一方、テレビメディア広告費(地上波テレビ+衛星メディア関連)は1兆9,564億円で、前年比102.8%と1桁成長。

インターネットの広告費が上昇した大きな理由として、電通は以下のように分析しています。

インターネット広告媒体費を市場全体でみると、スマートフォン市場の成長や動画広告、新しいテクノロジーを活用した広告配信の浸透が下支えし、前年を上回る伸び率を示した。市場の内訳をみると、枠売り広告やアフィリエイト広告が堅調に推移し、運用型広告は大きく伸長した。(「2014年 日本の広告費」は6兆1,522億円、前年比102.9% – ニュースリリース一覧 – ニュース – 電通

YouTubeやニコニコ動画のような動画広告や、それを支えるスマホ市場が大きく貢献しているようです。またニュースサイトやブログメディアなどのアフィリエイト広告も堅調に推移していることも、大きな要因と言えそうです。

今後もスマホ市場はより一層活性化するのは目に見えてますし、これからテレビとインターネットはどうやって棲み分けていくのか、どのように伸びていくのか、動向に注目ですね。

Source:「2014年 日本の広告費」は6兆1,522億円、前年比102.9% – ニュースリリース一覧 – ニュース – 電通

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone