東京ディズニーリゾートで迷子のアナウンスが流れないたった一つの理由

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

遊園地や複合商業施設では、迷子の子供がいるとアナウンスを流しますよね。しかし東京ディズニーリゾートではアナウンスが流れません。その理由は何故でしょうか?

announce_tdr

小学生以下の迷子は迷子センターへ

東京ディズニーリゾートでは、迷子のアナウンスを聞いたことがありません。なぜでしょう?迷子センターはあります。小学生以下の子が迷子になると、ここで保護者と待ち合わせることになります。

maigocenter

img via tokyodisneyresort.jp

ただ、迷子になった子が自ら迷子センターに行くことはなかなかないですよね。では、親が子供の迷子に気づいたらどうなるか?

実は、パーク内に衣装を着たキャストだけでなく、多くの私服のセキュリティーキャストが配置されています。迷子が出た場合、インカムで一斉にキャストに迷子の特徴などが伝えられて、キャストが迷子を探し出してくれます。迷子の放送をすると「夢がかなう場所ディズニーリゾート」に来たお客様のイメージが壊されてしまったり、迷子の放送があると1日中迷子の放送をしなくてはならないから、運営に支障をきたしてしまうんですね。それがリゾート内でアナウンスを流さないたった一つの理由です。

ちなみに私服のキャストは他にも役があって、迷子だけでなく、防犯とか急病人・怪我人への対応もできるスキルがあるんだそうな。安全第一で素晴らしいですね!

そしてひとつアドバイスですが、ちびっ子をディズニーに連れて行った場合には、迷子シールを貼っておきましょう!

maigo

1枚目のシールに住所や連絡先を書いて、その上からその個人情報を隠すシールを貼ります。それを子供に貼っておきます。そうすると子供がもし迷子になっても、キャストが見つけ出してすぐに連絡してくれます。子供の安全を第一に!

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone