スタバ嫌い必見!コーヒー界のアップル「ブルーボトルコーヒー」日本上陸

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

スタバ嫌いの方には朗報です。アメリカでは知らない人はいないというほど、有名なコーヒーショップに成り上がった「ブルーボトルコーヒー」が日本に初上陸します。

bluebottlecoffee_eye

img via flickr.com

コーヒー界の「Apple」と呼ばれる程のコーヒーショップ

コーヒー界の「Apple」とも呼ばれているコーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー」が、遂に日本の上陸します。絶対に日本に来ると思ってました!スタバとは違って、とにかくその人のために、丁寧にコーヒーを入れるのが特徴です。

bluebottlecoffee1

img via flickr.com

GoogleやTwitterの創業者も出資をするなどサンフランシスコでも話題のお店です。ゲストにはコーヒー一杯を味わい楽しんでほしいという創業者の意向が反映されてか、コーヒーの「おいしさ」を追求しています。コーヒー豆は厳しく選別、カフェで提供するコーヒーには、焙煎されてから48時間以内の豆のみを使用しているんですね。で、スタバはWi-Fiを提供していますが、このブルーボトルコーヒーは、美味しいコーヒーを味わえるよう、あえて店内ではWi-Fiを提供しないようにするという徹底ぶり。

日本1号店は2015年2月6日、清澄白河にオープンします。清澄庭園、東京都現代美術館、門前仲町の中間地点に位置するようです。2号店は青山で、2015年3月7日にオープンします。どちらの店舗でも、自社ロースタリーで焙煎したコーヒー豆で一杯ずつ丁寧に淹れるドリップコーヒーやエスプレッソ、コーヒーに合うクッキー、グラノーラなどの焼きたてペストリーが楽しめます。

動画では、いかにコーヒーの美味しさを追求しているかがわかると思います。

[YouTube]

 

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone