実写版「美女と野獣」はエマ・ワトソンほぼ確定か!その理由とは?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

実写版「美女と野獣」の制作は決定しているのですが、ベル役を誰が演じるかがなかなか決まらず、話が進まない状況でした。しかしここにきて、エマ・ワトソンがベル役を演じる可能性が高くなってきたのです。その理由とはいったいなんでしょうか?

emma-watson-dressed-upimg via CINEMA SOLDIER

ベル役競争相手は既にプリンセスを演じていた!

シンデレラの実写版の制作が開始し、ディズニープリンセスの実写化が激しいですね。そんな中で「リトル・マーメイド」が実写化されエマ・ワトソンが演じるという噂まで出まわりました。しかしエマはアリエルを演じることはありません。「美女と野獣」のベル役に抜擢されそうなのです。

emma_sexyimg via flickr.com

そして以前、実写版「美女と野獣」のベル役ベル役はエマ・ワトソン VS クリステン・スチュワートで争われているとお伝えしました。

関連:「美女と野獣」を実写化決定!ベル役はエマ・ワトソン VS クリステン・スチュワート

ここにきてこの対決がエマに軍配が上がるのではないかと考えられています。

というのも、実はクリステン・スチュワートは既にプリンセスを演じているのです。日本では2012年6月に公開された映画「スノーホワイト」の白雪姫役はクリステン・スチュワートでした。

snowwhiteimg via 楽天エンタメナビ

やはりプリンセスを同じ女優が演じるのはディズニーとしても避けたいようです。
まだ確定ではないですが、2015年もしくは2016年を目処に映画制作が進行します。今後も実写版「美女と野獣」の動きから目が離せませんね!!

ちなみに2014年11月公開の実写版「美女と野獣」は、フランス映画です。詳細は下記リンク先をご覧ください。

関連:【注意】11月公開実写「美女と野獣」はディズニー作品ではなくフランス映画

[The Latino Post]  
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone