【注意】11月公開実写「美女と野獣」はディズニー作品ではなくフランス映画

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

2014年11月1日、実写版「美女と野獣」が公開されます。ただしこれはフランス映画で、本場のディズニー作品ではありません!

beautyandthebeast1

実写版「美女と野獣」はこれから2作品公開予定

まさかの実写版「美女と野獣」が2作品公開予定という異例な状況です。

どういうことか言うと、2014年11月1日に日本で公開が決定したのは、フランス映画(クリストフ・ガン­ズ監督)です。そしてディズニー主導で動いているのは、エマ・ワトソンの方向で配役を決めている段階でまだ撮影も開始されていません。話は確実にあるようですが。

で、11月に公開されるフランスの「美女と野獣」ですが、もちろんフランス語。しかしアメリカに引けをとらないほど映像が美しいんです。

beautyandthebeast2

ベル役のレア・セドゥさん、野獣役は映画­「ブラック・スワン」等で知られているバンサン・カッセルさんです。2人とも美しい。

beautyandthebeast3

ストーリーはディズニー映画とはちょっと違います。

バラを­盗み、命を差し出せといわれた父の身代わりに、野獣の城にとらわれたベルが、恐ろしい­野獣のもう一つの姿に気づき、隠された秘密を解き明かしていきます。

beautyandthebeast4

関連:「美女と野獣」を実写化決定!ベル役はエマ・ワトソン VS クリステン・スチュワート

ベルと野獣­のダンスシーンがちょっとだけ収められている予告動画をご覧ください!(フランス語で)

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone