ラーメン激戦区吉祥寺の超有名店を食べ歩いて詳細レポートをまとめてみた

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

吉祥寺はカフェだのレストランだのケーキ屋だの、美味しいグルメが密集する街です。そんな吉祥寺ではラーメンも池袋並に激戦区となっています。そんな吉祥寺の超有名なラーメン店を自分の足で歩きまわり、それぞれ基準を設けて個人レポートをまとめてみました。

bubuka_eyecatch

つけ麺えん寺

えん寺2

【タイプ】 つけ麺
【麺】 太ストレート
【汁】 ドロドロ濃厚スープ
【こってり度】☆☆☆★☆(こってり)
【味の濃さ】 ☆☆☆★☆(しょっぱい)
【汁飲める度】☆★☆☆☆(薄めれば飲める)
【ボリューム】☆☆☆★☆(腹十分目)
【値段帯】  ☆☆★☆☆(800円)

えん寺1

12時前ぐらいとお昼にしては結構早めに行ったのですぐに入れると思ったのですが、既に3組が待っていました。帰る際にはもう15組ほど待っているという繁盛ぶりで、それほど有名なお店だそうです。テレ東の「最強ラーメン伝説」で、2010年王道ラーメン部門の第5位を獲得するほど。15分くらい待って、席に通してもらいました。店内は非常に清潔に保たれていて、ちょっとびっくりするほど。店員さんも元気に気持ちのいい挨拶して下さり、雰囲気も満足を得られます。お客さんはカップルや女の子同士で来ている人もいて、女性の入りやすいお店です。

肝心なラーメンですが、つけ麺です。麺は一度水でひきしめますが、その代わりスープはアツアツ。麺とスープの席に持ってきてくれた際も、スープを左、右に麺を置いてくれて、そのまま箸を使えば食べ始めることができました。そんな小さな心づかいがまた人気の理由なんでしょうね。スープの味が濃厚なので、飲み干すにはきついかもしれません。しかし自分で薄めることができるので、味の濃いのが不得意な人は、薄めて食べるとちょうどいいかもしれませんね。ちなみに大盛りは無料でしたが、普通盛で十分の量でした。

[つけ麺えん寺 吉祥寺総本店|食べログ]

 

麺屋武蔵 虎洞

麺屋武蔵虎洞1

【タイプ】 つけ麺
【麺】 極太ストレート
【汁】 魚介系濃厚スープ
【こってり度】☆☆☆★☆(こってり)
【味の濃さ】 ☆☆☆★☆(舌に味が残る)
【汁飲める度】☆★☆☆☆(少し飲んだ)
【ボリューム】☆☆☆★☆(腹一杯)
【値段帯】  ☆☆★☆☆(1050円)

麺屋武蔵虎洞2

お客さんの3分の1は女性で、カップルや家族で来店している方が多かったです。店内はカウンター席のみで、しかも13席しかないので、回転はちょっと遅いかも?しかし味はその待ち時間を忘れさせてくれるほど美味しいです。

麺の量は同じ値段でも三種類選ぶことができ、並・中・大です。僕は中を選んだのですが、満腹満腹。中は男性にとっても多いかもしれません。さらに大は部活帰りの高校生向きだと思います。肝心のラーメンに関してですが、とにかく麺が太い!太麺好きにはたまらないと思います。もちもちしてて、そこにドロドロのスープに絡めて食べることで、味が中和されるのだと思います。それにしてもびっくりしたのは、卵!!切られてないのに、黄身の味が濃いことといったら。僕としては、卵が一番びっくりしました。

[麺屋武蔵 虎洞|食べログ]

 

ホープ軒本舗 吉祥寺店

ホープ軒本舗吉祥寺店1

【タイプ】 中華そば
【麺】 ちぢれストレート
【汁】 あっさり背脂系スープ
【こってり度】☆☆★☆☆(ちょうどええ)
【味の濃さ】 ☆☆★☆☆(ちょうどいい)
【汁飲める度】☆★☆☆☆(少し飲んだ)
【ボリューム】☆☆★☆☆(腹八分目)
【値段帯】  ☆☆★☆☆(600円)

ホープ軒本舗吉祥寺店2

黄色い看板に赤い文字。サンロードから路地裏にちょっと入るとある昔ながらのこのお店。
メニューは中華そばとチャーシューメンの2種類!
正直、ホントにふつーーーーのラーメンってかんじです。でもそれが懐かしさを呼んで、時折無性に食べたくなります。なんでしょう、ラーメンを食べてノスタルジックな気分になるだなんて、なかなか無い経験ですよね。
一度食べたら、あくまでもたまに「あ、ホープ軒行きたい」ってなります。女性も意外と何人か来店してました。

[ホープ軒本舗 吉祥寺店|食べログ]

 

ぶぶか

ぶぶか1

【タイプ】  油そば
【麺】 中太ストレート
【汁】 なし(油)
【こってり度】☆☆☆☆★(超こってり)
【味の濃さ】 ☆☆☆★☆(舌に味が残る)
【汁飲める度】☆☆☆☆☆(スープなし)
【ボリューム】☆☆☆★☆(腹一杯)
【値段帯】  ☆☆★☆☆(650円)

ぶぶか2

吉祥寺で最も有名なのがこの「ぶぶか」さん。油そばとはスープがなく、調味料を和え、どんぶりの底にわずかに入った醤油やラードの入った濃いタレに、ラー油、酢などの調味料を好みでかけ、茹で上げた麺全体に絡めて食べるラーメンです。
そんな油そばを食べることが初体験であったのだが、「ぶぶか」は油そばの老舗であり、よく行列ができるお店のようです。ラーメンは醤油のタレが少し濃い目で中細のストレート麺に非常に絡み、もちもちとしておりとても美味しかったです。スープがなくても意外にいけちゃうんですね。
ただ全体的にかなり脂っぽさが目立つので女性の方や年配の方には少しキツいかもしれません。「ちょっと変わったラーメン食べたいな~」という方には、ぜひオススメ!!

[ぶぶか 吉祥寺北口店|食べログ]

 

蒙古タンメン中本

蒙古タンメン中本2

【タイプ】  味噌タンメン
【麺】 細かいちぢれ麺
【汁】 味噌+マーボー
【こってり度】☆☆★☆☆(ちょうどええ)
【味の濃さ】 ☆☆☆★☆(舌に味が残る)
【汁飲める度】☆☆★☆☆(半分以上飲んだ)
【ボリューム】☆☆☆★☆(腹一杯)
【値段帯】  ☆☆☆★☆(770円)

蒙古タンメン中本1

昭和43年に上板橋に開店して以来、「辛さの中にも深~い旨みあり」の伝統の味を40年余り追求してきた「日本一のからうまラーメン」です。TVや雑誌などにも挙げられ、吉祥寺以外にも、新宿、渋谷、池袋など11店舗も展開中の人気のお店です。
人気ということもあり、来店した時刻が昼時を過ぎていたにも関わらず、店内はすごい行列でした。ボリュームや辛さなどは男性向けかもしれませんが、女性だけのお客さんやカップルも多く、また女性向けに考慮されたメニューやスープの辛さも調整できるので、年齢問わずどなたでも気軽に楽しめるお店だと思います。さらにラーメンの種類も20種類と数多く、様々な角度から楽しめること間違いないです。「辛くてうまいラーメン屋さんとは?」として、知っておいて損はないでしょう。

[蒙古タンメン中本 吉祥寺店|食べログ]

 

武蔵家

武蔵家2

【タイプ】 横浜家系ラーメン
【麺】 極太ストレート
【汁】 醤油トンコツ
【こってり度】☆☆☆★☆(こってり)
【味の濃さ】 ☆☆★☆☆(ちょうどいい)
【汁飲める度】☆☆★☆☆(半分以上飲んだ)
【ボリューム】☆☆☆★☆(腹一杯)
【値段帯】  ☆☆☆★☆(600円:ラーメン、100円:キャベッチャー)

musasiya

こちらのラーメンは「横浜家系の醤油とんこつ味」なので、臭いに大変クセがあります。女性は苦手な方が多いかもしれません。現に食事したときは、女性のお客さんは一人もおらず、いかにも「ラーメン男子部!」みたいな男の方ばかりでした。(笑)
今回食べたのは、「家系ラーメン」と「キャベッチャー」という2品です。キャベッチャーとは、キャベツとチャーシューを和えたおつまみメニューなのですが、これがさっぱりしていて美味しんです。お店の人気メニューの一つでもあります。またこのお店の魅力的なところは、ライス50円払うと「ご飯食べ放題」になることです(ランチは別)。ですので、ラーメンにライス、キャベッチャーにライスと、お腹一杯になるまで食べられます。
お店のキャッチフレーズでも「この国はラーメンライスという言葉がある」とまで「ライス」を押していますので、ぜひラーメンライスにして、スープを一滴残さずお腹一杯になるまで楽しみましょう。そんな元気がもらえそうなお店の店員さんも大変気持ちがいい接客で、ラーメンの味以外にもまた行きたいと思わせるステキなお店でした。

[武蔵家|食べログ]

 

いかがでしたでしょうか。吉祥寺にはまだまだ有名店がたくさんあります。新しいお店を発見する散歩に行ってみてください♪

また吉祥寺ファンページというWebサイトを運営しています。歩かないと知ることができないような情報をお届けしています。よければご覧ください。

Kichifan_Logo_Green_big

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone