宝くじはパチンコの20倍も損している!宝くじの負ける金額はパチンコの20倍

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

宝くじの負ける金額の平均値は、パチンコの負ける平均値の約20倍です。宝くじを買えば買うほど、大損をしているんです。

スクリーンショット 2014-05-19 20.23.08

意外なことにパチンコは1万円賭けるごとに負ける平均値は低い

みなさんはギャンブルはお好きでしょうか?僕は宝くじを2回ほど買ったことがありますが、パチンコはやったことはありません。幸いなことに、父がパチンコや宝くじなどの賭博が嫌いだった影響で、ハマらずにここまで育つことができました。特にパチンコは中毒性が非常に高いので、手を出さなくて良かったと思います。
そんな宝くじとパチンコですが、好きなみなさんはどのぐらいの負け方をしているかご存知でしょうか?

スクリーンショット 2014-05-19 20.26.53

中毒になる人が多いパチンコですが、実は意外に負ける平均値は低いんです。1万円賭けるごとに負ける平均値は300円なんですね。全掛け金に対する運営者の取り分のことを「控除率」と言いますが、パチンコの場合は3%というわけです。ただこれは平均値であって、実際はもっと多く負けてる人だってたくさんいます。行けば行くほどこの3%は増えていくわけですからね。

photo (4)

んでもって気になる宝くじですが、1万円賭けるごとに負ける平均値は5267円なんです。つまり掛け金の半分以上を運営元に持っていかれるわけです。控除率は52.67%というわけですね。運営者は国ですから、いかに国が儲けているかわかりますね。

また、競馬の控除率は25%、サッカーのTOTOは50%だそうです。公営ギャンブルは民営のパチンコよりかなり控除率が高いんです。ギャンブル好きのみなさん目を覚ましましょう!!!

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone