妊婦のためのTDLおすすめモデルコース!妊婦に負担のない効率的な回り方とは?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

先日、妊婦の嫁を連れて東京ディズニーランドに行きまして。妊婦には限りなく負担がかからないよう効率的に回ることができたので、妊婦さんが乗れないアトラクションを紹介しつつ、回ったコースを紹介します。

photo 1 (14)

基本は朝早く行きファストパスを駆使し、妊婦さんは休んで旦那が動く

朝は早く行きます。オープン前に並びます。ファストパス(以下、FP)を駆使してできるだけ並ばないようにするため、オープン前に並びます。
今回僕が行ったのは、8時オープンだったので7:50に到着しました。
そして全体的にですが、旦那さんのほうが動いて動き回ります。

オープンしてまもなく妊婦が乗れるアトラクションのFPをゲット

photo 3 (10)

妊婦が乗れるアトラクションでFPが取れるのは4つあります。

・モンスターズ・インク ライド&ゴーシーク!
プーさんのハニーハント
ホーンテッドマンション
バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

ってことで、最初は一番人気のモンスターズ・インクをゲット。FPでかなり並ぶので、その間に嫁は次に体験したいアトラクションに自分のペースで向かってもらいます。

ミッキーに優しく触れてもらって幸せを願う

photo 3 (11)

朝はパークインしたら、並ぶ元気がある間に、FPもとれない並ぶアトラクションに並びます。僕と嫁は、トゥーンタウンの「ミート・ミッキー」に向かいました。だいたい50分ぐらい並びましたが、ミッキーにお腹を優しく撫でてもらって、生まれてくるちびっ子の幸せを願うことができました。

並んだ後は休憩も含めてパレードを待つ

photo (8)

何かのアトラクションに並んだ後は、ちょっと疲れていると思うので、ここは無理せず休息をとります。僕がレジャーシートを持っていたので、パレードを1時間前に場所取りしながら休憩をとることにしました。

ここでお茶を飲みながら一息。そして季節イベントのパレードを間近で見て大満足。

パレードが終わった頃にランチ

photo 2 (14)

午前のパレードが終わった頃には小腹が空きますよね。そんな時間にあらかじめプライオリティ・シーティングで早く入店できるようにしておきます。プライオリティ・シーティングはパークに行く前から予約することができるので、前日までに済ませておきます。プライオリティ・シーティングをとれるレストランは下記です。

・れすとらん北斎(和食)
・イーストサイドカフェ(パスタ)
・ブルーバイユー・レストラン(フレンチ)
・クリスタルパレス・レストラン(ビュッフェ)

僕はイーストサイドカフェをとっておきました。なのでほとんど待たずに店内へ入ることができました。

ランチが終わったらFPでとったアトラクションにライド

ランチが終わって、少し元気も回復してきたので、今度はアトラクションに乗ります。僕と嫁は朝にFPをとっておいたモンスターズ・インク ライド&ゴーシーク!に乗りました。で、このアトラクションは安全バーがおりるので、お腹が大きいのであればちょっと注意してください。

後半戦はゆっくり気ままに

後半戦は妊婦さんに合わせて、ゆっくり気ままにパークを楽しみましょう。嫁はもうひとつアトラクションに乗りたいというので、バズ・ライトイヤーのアストロブラスターに乗りました。そして座って楽しめる魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”を観たり。

photo 4 (8)

そんでもって最後にミニー・オー!ミニー を観劇。

photo (7)

夕方には帰途

あっという間に一日が過ぎますが、妊婦さんの体力を考えて、夕方には帰りましょう!僕も嫁もだいぶ楽しんで、夕方に帰ることにしました。それでも充分満足できました。

 

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone