上京して東京の凄いと感じたものランキング1位は「人の多さ」であることが判明

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

住信SBIネット銀行が、都外の人が東京に上京して凄いと感じたものランキングを発表しました。

Screen Shot 2014-04-19 at 16.36.45

1位「人の多さ」で2位「満員電車」でともに人混み!都外出身の方はとにかく混雑に驚く

住信SBIネット銀行から「上京して凄いとかんじたものランキング」が発表されました。都外出身で東京に居住経験のある721人に対して、上京して「東京は凄い」と驚きを感じたものを聞いた結果、こんなふうになったようです。

Screen Shot 2014-04-19 at 16.29.15

1位「人の多さ」、2位「満員電車」、3位「地下鉄網の複雑さ」と、とにかく混沌・混雑なイメージということがわかります。確かに生まれて初めて新宿に行った人は、人の多さと複雑さに驚くんでしょうね。これほどの人や建物の密集具合は世界でも稀ですよね。一説によると、飛行機のパイロットさんが世界で最も美しい夜景に「東京」を挙げるそうですね。というのも、どこの国よりも建物が密集している面積が広いので、どこまでも光り輝く夜景が美しいんだそうです。

で、同じく住信SBIネット銀行の調査で、「東京に対するイメージを一文字で表すとどの漢字になるか」のアンケート結果も発表されました。これは上の調査結果からも連想できる文字が1位でした。「混」です。2位「雑」、3位「都」という結果。

Screen Shot 2014-04-19 at 16.55.55

 

やはり「混沌の混。良くも悪くも統一したカラーがないから(40代男性)」という意見もありますが、「非常に人が多く、また街ごとに個性があり、多様性があるから(30代男性)」というプラスな意味で捉えている人もいるようです。

個人的には「魅」ですね。ずっと東京に住んでいますが、とにかく飽きない。新しいものが次から次へと出てきて、人を「魅了」してくれる街だと思ってます。2020年にはオリンピックも開催されますし、ますます人々を魅了する街へと発展していくことでしょう!僕もそんな東京の「魅力」をこのブログで細々と発信していきたいと思います!

[調査結果ニュースリリース|住信SBIネット銀行]  
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone