コミュニティ管理者が教える!コンパやパーティーでの幹事の心得3箇条

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

会社とか、ホームパーティーとか、コンパ、吉祥寺のコミュニティのオフ会等で幹事を何度も任せてもらってきました。

party

で、いつもコンパやパーティー等の幹事をする際に気を付けてることがあると気づき、参考になるかわかりませんが、書いておきます。以下3箇条を守って開催すれば、少なくとも同年代との集まりでは、好評を得られると思います!!

1.【準備】段取りを決め、その場のイメージを膨らませる

これができてない人が多いですよね。「流れに任せる」と言って、段取りを考えるのを放棄する幹事がいますが、絶対ダメ!これをすることで、パーティーの成功をイメージできますよね。何をすればその場にいるメンバーが喜んでくれるか、イメージを膨らませることができます。簡単な段取りでいいので、頭の中でイメージするだけでもいいんです。そうすれば何をすべきかを自ずと考え出すことができます。

2.【準備】既存概念をぶっ壊す全員参加型イベントを考える

その場を盛り上げるには、自分も含めて全員が盛り上がる企画をしなきゃいけません。1で段取りを決めて、イメージが膨らみましたよね。そしたら今度は何をすればみんなが楽しんでくれるのか?を考えます。時には既存概念をぶっ壊す企画をする必要があります。
例えば、僕のウェディングパーティー(結婚式二次会)は、ホントに盛り上がってもらうことができました。ウェディングパーティーはどうしてもビンゴとかゲームをやっちゃいがちですよね。でもそれでホントにみんな楽しめるのか?みんな心から笑ってくれるのか?と考えまして。そこで出たアイディアが、女装大会と、フラッシュモブです。
イケメンがガチで女装したり、男子だけで沢山練習してフラッシュモブしたり。とにかくできるだけ多くの人が参加するイベントを企画しました。案の定、かなーーーーり盛り上がりました。みんなが心から楽しむには、どうすればいいかを考えることが大事だと思います。そのためには、普通の企画だとダメなことが多いですね。

3.【実行】みんなが楽しむために心配りをする

コンパやパーティーの当日は、自らが動き、みんなが楽しんで参加しているかを常に意識します。とくに少数のパーティーだと、一人でも楽しんでいない人がいれば、その空気に周りが勘付き、周りまで楽しめなくなってしまいます。心配りを忘れずに!

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone