「ライク(好き)」と「ラブ(恋)」を簡単に見分ける方法があった!!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

likeorlove

本題ですが、よく「あの人のことライクなのかラブなのか、自分の気持ちがよくわかんなくて…」って相談する人いますよね。そんな悩みを持つ人には特に読んでほしいです。「好き(ライク)なんだけど、愛してる(ラブ)かどうか、付き合いたいかどうかはわからない」という感情ですよ。これを自分で見分ける方法があるんです。現在そんな悩みを持っていたら、よければ以下のテストをしてみてください。ルービンという心理学者のつくったテストです。

ライクとタブを見分けるテスト

Q.空欄に、ライクなのかラブなのかわからない相手の名前を入れてみてください。

好意尺度(LIKE)

1.私は__と一緒にいると、いつも同じ気分になる
2.__は、非常に適応力がある
3.__を責任のある仕事に、強く推薦することができる
4.__は、人間的に成熟している人物だと思う
5.__の判断力には、絶大な信頼を置いている
6.__に会って話をすれば、誰もが好意を持つと思う
7.__と私は、とてもよく似ている
8.クラスやグループで選挙があれば、__に投票する
9.__は、人から尊敬されるような人間だと思う
10.__は、とても知的な人だ
11.__は、私の知人の中で、最も好ましい人物の1人だ
12.__のような人物になりたいと思う
13.__は、賞賛の的になりやすい人物だと思う

恋愛尺度(LOVE)

1.__が元気がなかったら、何をおいても励ましてあげたい
2.__を、全面的に信頼している
3.__の欠点は気にならない
4.__のためなら、どんなことでもしてあげるつもりだ
5.__を独り占めしたい
6.もし__と一緒にいることができなくなったら、私はとても不幸になる
7.寂しいとき、__に会いたいと最初に考える
8.私にとって一番関心があるのは、__が幸せになることだ
9.__がどんなことをしても、私は許すことができる
10.私は、__を幸福にすることに責任があると思う
11.__と一緒にいるときは、ただ__を見つめているうちに時間が過ぎる
12.__から打ち明け話をされると、とても嬉しく思う
13.__と仲良くしないでいるのは、できないくらいつらい

[LIKING scale & LOVING scale (Rubin,Z.,1970)]

好意尺度の項目に心当たりが多くあれば、それはライクを表し、恋愛尺度にあればラブを表しています。ライクの心理状態は、相手に尊敬や信頼を持ち、自分との共通点を見出し、親近感も感じています。一方ラブの心理は、相手に尽くしたいという思いや、感情を分かち合いたいという気持ちがあり、相手の成功や失敗に対して、自分のことのように感じる状態になっています。

ぜひ、自分の気持ちを確かめるのに活用してみてください!

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone