28歳の女子が2年以内に結婚するには?『結婚の確率』を上げる3ステップとは

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

28歳の僕の周りには、最近ホントに結婚したいけど相手が見つからない女子が急増しているんですよ。光栄なことに何人かの女子から相談してもらうのですが、みんなホントにいい子なのでステキ男子がいれば即紹介したいです。

marriage

国税調査によると、アラフォー女性の5人に1人、アラサー女性のほぼ2人に1人が未婚というデータがあります。そして30~34歳の女性100人が、5年後にわずか8人しか結婚できていないという調査結果があります。
そう、やはり30歳が一つの節目になってくるのですよ!僕の周りもみんな共通して意識するのが30歳です。この30歳手前の女子が2年で結婚するにはどうすべきか?確実に結婚できる確率をアップさせる方法を考えました。相談を受ける中で考えついたステップ3つがこれです。

ステップ1:目標とスケジュールをたてる

「30歳までに結婚したい!」という子は何人もいますけど、達成するまでに何をどうしていくかを5W1Hで考えている人は少ないです。
きっと一生を共にする人なので、譲れない条件は当然ありますよね。それは具体的に条件を挙げてください。例えば「顔が好みの人」、「年収600万円以上(将来的にいくらが見込めるかのほうが重要)」、「趣味が合う人」、「地元が近い人」等。この条件を決めるのは、出会った人が自分の結婚相手としての条件にあてはまる人かどうかをすぐに見極めるのに必須です。時間がないので無駄な労力をかけられませんからね。ただし条件を決めすぎると、その分それにあてはまる人は少なくなるわけですので、気をつけてください。あとはゴール(ここでは結婚)がいつかが決まれば、逆算していつまでに彼氏を見つける必要があるかとか、彼氏を見つけるには何をすれば良いかとか具体的な対策が決まってきます。
ちなみに僕は今、計画通りです(笑)

ステップ2:出会いを探す(「灯台下暗し」をキーワードに)

この記事で最も重要視しているのは『結婚の確率をアップさせる』です。なので心理学的に根拠のある方法で。
確かに出会いの場に行くのは非常にいいと思います。職場の女性の先輩3人は、みんな合コンで出会って結婚してます。だから機会があるのであれば行くべきです。ただし、それだけではありません。
旧友を探してみてください!人は同じ境遇、同じ体験、同じ価値観を共有する人とはとても親密になれるものと心理学では言われています。つまり過去に同じ境遇で同じような体験をした人だと、嗜好が似ているので話も弾みやすい、一体感が生まれる等の効果で恋に落ちやすいんです。なので同窓会があればいいですが、なければアドレス帳を開いて、思い切って一度連絡をとってみてください。例えば誕生日の日とかにでも。Facebookを利用するのもいいかもしれませんね!ホントにこれをやるかやらないかで大きく確率が変わってきます!過去の人は昔のイメージしかないかもしれませんが、今はオトナになっているかもしれません。

ステップ3:出会ったら相手が結婚を考えているか見極めろ

もしいいなと思う人が見つかったら、すぐに恋愛をしかけるのではなく、相手が結婚を考えているか見極めましょう!後戻りするのは非常に難しいものです。付き合ってしまうと、やはり彼氏のことがどんどん好きになってしまうものです。でも彼氏は結婚をあまり考えてないとなると、後戻りするのは大変です。僕の仲良しのSちゃんはそれですごい悩んでます。なので必ず恋愛に発展させる前に、相手の結婚観を見極めることが重要です。のめり込んでしまう前に客観的に見てね。
それで相手が結婚を考えていて、自分のこともよく考えてくれそうだなと思ったら、あとはその人との恋愛駆け引きです。前から言ってますが、相手に自分のために動かせるほうが自分のことを好きに仕向けることができます。決して相手に尽くしちゃダメです。不安でもデカく構えてないとダメです!あとはカラダの関係をすぐに許すのは絶対にダメです。じらすのが良いです。「セックスできるかもよ~」的な雰囲気を醸し出しながらも、簡単に許さないのが最も効果的です。
他にも恋愛テクニックは沢山あります。ぜひぜひ自分の判断ではなく、根拠のあるアクションをしてくださいね!

 
この記事気に入ったという方はKatatemaをフォロー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone